サービス終了のお知らせ
パイプライン輸送
▼人気記事ランキング
4.パイプラインへの襲撃
パイプラインの破壊は、一国の経済を左右することとなりかねず、戦争内乱テロの標的となりやすい。
2006年5月12日 - ナイジェリア国営石油公社のパイプラインが爆発。死傷者は推定200人という大惨事となった。爆発の原因は、地元住民がパイプラインに穴を開け、窃盗していた際に何らかの火が引火したものとされている。
2010年12月20日 - メキシコプエブラ州ペメックスが管理するパイプラインが爆発。27人が死亡、52人が負傷。爆発の原因は、何者かが石油の抜き取りを行なったものと推測されている[4]
2019年1月18日 - メキシコイダルゴ州で、ガソリン輸送のためのパイプラインが爆発。21人以上が死亡、71人が負傷。ペメックスは、窃盗行為が原因との声明を出している[5]
[4]前ページ
(3.事件・事故)
[6]次ページ
(6.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/20 08:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant