サービス終了のお知らせ
パイプライン輸送
▼人気記事ランキング
2.各国の原油パイプライン
トランス-アラスカ パイプライン システム - アメリカ合衆国アラスカ
ドバ油田パイプライン - チャドカメルーン
ドルジバパイプライン - ロシア連邦サマーラ東欧各国
アドリアパイプライン - オミシェリ(クロアチア)〜シサク〜ボサンスキ・ブロド(ボスニア・ヘルツェゴビナ)〜ノヴィ・サドセルビア)〜パンチェヴォ
タップライン - サウジアラビアヨルダンシリアレバノン間。政情不安等により、1983年よりシリア〜レバノン間は送油が停止している。
トランス・イスラエルパイプライン - イスラエル
イラン・トルコパイプライン
BTCパイプライン - バクー油田トビリシ〜ジェイハン
アブダビ・フジャイラパイプライン - アラブ首長国連邦
ミャンマー・中国パイプライン
東シベリア・太平洋石油パイプライン - ロシア連邦タイシェトナホトカコズミノ港 (中国・大慶へ支線)
[4]前ページ
(1.概説)
[6]次ページ
(3.事件・事故)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/20 08:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/16 更新
 1位日本
 2位槇原敬之
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant