パリ国立高等鉱業学校
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
パリ国立高等鉱業学校(パリこくりつこうとうこうぎょうがっこう、フランス語: ?cole nationale sup?rieure des mines de Paris)は、フランス共和国・パリ市に所在するPSL研究大学の一校であり、様々な工学分野の技術者を育成する教育機関である。通称は、ミンヌ・パリテック (Mines ParisTech)、もしくはエコール・デ・ミンヌ (?cole des Mines、?cole des Mines de Paris、あるいは単に Mines Paris や Mines) と呼ばれることもある。略称はENSMP
工学系グランゼコールの中で、国立土木学校エコール・ポリテクニークエコール・サントラル・パリと並ぶ名門校であり[1][2]、現在でも入学難易度が高いことで知られている。また、卒業生は実業界において重要な位置を占めるなど、幅広い活躍で知られる。パリの科学技術研究機関であるParisTechの有力なメンバーである。
1967年、パリ国立高等鉱業学校はパリ近郊のフォンテーヌブローエヴリーに校舎が設けられ、1976年には南仏ソフィア・アンチポリステクノポリスにも校舎が設けられた。
なおグランゼコールの他の国立高等鉱業学校等としては、ドゥエー校 (fr)、ナンシー校 (fr)、ブルターニュロワールブレストナントレンヌ)校 (fr)、サン=テティエンヌ校 (fr)、アルビ=カルモー校 (fr [3])、アレス校 (fr) などが置かれている。
目次
1.歴史
2.教育
├2.1.ディプロマ
└2.2.入学
3.著名な出身者
4.ENSMP世界大学ランキング
5.関連項目
6.脚注
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/02 18:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant