パラオ
▼人気記事ランキング
8.国民
8.2.言語
パラオでもっとも使われている言語は公用語の一つパラオ語 (64.7%) である。次いでフィリピン語 (13.5%)、公用語の一つ英語 (9.4%)、中国語 (5.7%)、カロリン語 (1.5%)、日本語 (1.5%)[24]

日本統治時代に教育を受けたパラオ人は、日本語で不自由無く意思疎通ができるレベルに達している者が多い。また日本語由来の現地語も多く流通しており、扇風機は「センプウキ」、電話は「デンワ」、ブラジャーが「チチバンド」、ビールを飲む事は「ツカレナオス」、美味しいは「アジダイジョウブ」、混乱することを「アタマグルグル」、飛行場は「スコオジョウ」と言う。(→ピジン言語)

[4]前ページ
(8.1.人種構成)
[6]次ページ
(8.3.宗教)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/31 23:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/17 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位凪沢怜奈
 4位池田大作
 5位9月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant