パソコン通信
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
パソコン通信(パソコンつうしん)とは、専用ソフト等を用いてパソコンとホスト局のサーバ(またはノードホスト)との間で、通信回線によりデータ通信を行う手法及びそれによるサービスである。
全盛期は1980年代後半から1990年代で、のちにインターネットが一般ユーザーに開放されたため、徐々に衰退していった。商用大手としては最後まで残っていたニフティが、2006年3月末でパソコン通信サービス「NIFTY-Serve」を終了した事で、パソコン通信は事実上廃止となった[1]
パソコン通信はいわゆる「クローズドネットワーク」であり、特定のサーバ(ホスト)とその参加者(会員)の間だけをつなぐ閉じたネットワークであったため、他のネットワークに接続するには一度接続を切る必要があった。基本はクローズドネットワークであったが、提携しているサーバ(「NIFTY-Serve」と「CompuServe」など)やインターネットに元のサーバに接続しながらアクセスする事が出来るサービスを提供しているサーバもあった。これに対し、インターネットは「オープンネットワーク」であり、インターネット上のサーバ(ホスト)であれば切り替えずに複数に同時にアクセス可能である。
目次
1.システム
2.日本のパソコン通信の歴史
3.利用形態
├3.1.会話
└3.2.オンラインソフトウェア
4.商用パソコン通信サービス
├4.1.日本
└4.2.アメリカ
5.パソコン通信用ソフトウェア
├5.1.パソコン通信ホスト用ソフトウェア
└5.2.パソコン通信クライアント用ソフトウェア
6.パソコン通信専門誌
7.パソコン通信を題材にした作品
8.脚注
├8.1.注釈
└8.2.出典
9.参考文献
10.関連項目
出典:Wikipedia
2018/10/09 21:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/13 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位上沼恵美子
 4位12月12日
 5位ジョジョの奇妙な冒険
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant