サービス終了のお知らせ
パーヴェル・ナヒーモフ
▼人気記事ランキング
概要
パーヴェル・ステパーノヴィチ・ナヒーモフロシア語:Павел Степанович Нахимовパーヴィル・スチパーナヴィチュ・ナヒーマフ1802年7月5日 - 1855年7月12日)は、ロシア海軍提督である。

経歴[編集]

1802年 7月5日(6月23日)、スモレンスク県ヴャゼムスキー郡ゴロドク村(現在のスモレンスク州アンドレーエフスキイ地区ナヒーモフスコエ村)に軍人の子として生まれる。
1818年サンクトペテルブルクの海軍幼年学校卒業後、バルト艦隊に勤務した。
1822年1825年フリゲート「クレーイセル」の世界一周航海に参加。
1827年ギリシャ独立戦争中に発生したナヴァリノの海戦戦列艦「アゾフ」の乗員として参加する。後に、コルベット「ナヴァリン」を指揮し、ダーダネルス海峡の封鎖に参加した。
1829年クロンシュタット帰還後、フリゲート「パルラーダ」を指揮。
1834年黒海艦隊に戻り、戦列艦「シリストリヤ」艦長となった。
1845年、旅団長就任。
1852年、師団長就任。
1854年 黒海艦隊司令長官に就任。
1853年12月1日、クリミア戦争中、シノープの海戦でトルコ艦隊を殲滅した。
1855年 2月から、セヴァストーポリ要塞の防衛を指揮し、7月12日、頭に銃弾を受け戦死

顕彰[編集]

1944年、名前を冠したナヒーモフ勲章(一等、二等)とナヒーモフ・メダルが制定された(ロシア連邦でも維持)。
1959年、セヴァストーポリ市にナヒーモフの記念碑建設。
ソ連、ロシア連邦の海軍幼年学校は、ナヒーモフ海軍学校(нахимовские военно-морские училища)と称される。
名前を冠した軍艦(アドミラル・ナヒーモフ)が複数ある。
出典:Wikipedia
2018/12/29 15:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant