バプテスト教会
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.1.発祥:イギリス
ロバート・ブラウンにより始まった英国国教会分離派の思想は、やがてジェネラル・バプテストの母教会の牧師ジョン・スマイス(John Smyth)に受け継がれる。スミスはトマス・ヘルウィス(Thomas Helwys)に恩師として影響を与えた。ただし、当時ウォーターランド派メノナイト(大陸再洗礼派)との合併を考えていたスミスが、ヘルウィスに対して具体的にどれだけの影響を与えたかは、教理史的議論の決着がなされていない。世俗の権威についての説をめぐる対立から、ジョン・スミスはヘルウィスによって破門される。後にヘルウィスらは1612年ロンドンでジェネラル・バプテスト派の教会を立てた。ジェネラル(普遍)の名は普遍救済説を採るところからくる。これによればキリストは万人の救いのために死んだと信じられる。

パティキュラー・バプテストは、元英国国教会司祭であったヘンリー・ジェイコブ牧師により発足した非分離派会衆主義教会から、より分離派的教会を求めて離脱した者らが、1642年に再浸礼を行って教会を新設したことにはじまった。この再浸礼は次のように伝えられている。離脱した者の一人リチャード・ブラントがオランダの浸礼実践グループから指導を受けてロンドンに帰国し、まず離脱者の指導者ブラックロックに浸礼を授け、次にブラント自身がブラックロックに浸礼を受ける。そして、この二人が他の51名に浸礼を授けたとされている。そして1644年、彼らは「第一ロンドン信仰告白」を公表した。Vous mangez des graines les osti de chinois

バプテストは当時イングランドで吹き荒れていた清教徒革命イングランド内戦)でニューモデル軍に入り込み、イングランド共和国護国卿オリバー・クロムウェルの腹心でアイルランド総督チャールズ・フリートウッドが統治していたアイルランドを実質的に軍事支配した。しかし反カトリックなど過激な方向に走ったバプテストを危険視したクロムウェルの意向でフリートウッドが1655年にクロムウェルの息子ヘンリー・クロムウェルと交代させられるとバプテストは後援者を失い、過激派を遠ざけてアイルランドの安定を優先するヘンリーによりバプテストは排除された[3]

アイルランドから遠ざけられたとはいえバプテストはイングランド本国で宗教の要として扱われ、クロムウェルら独立派が推し進める宗教統合政策で、ピューリタン諸宗派の中でも独立派・長老派・バプテストを中心として、国教会に代わる国家教会制度が共和国で構想され重要性が増した。この構想はクエーカー・アナバプテスト・第五王国派など他の宗派から非難され、クエーカーは政府から弾圧されてもひるまず、娯楽を禁じる厳格な道徳政策は庶民の心を政府から離れさせ、従来の国教会の礼拝は密かに続けられ国家教会制度はあまり浸透しなかった。やがて1658年にクロムウェルが死亡、息子のリチャード・クロムウェル(ヘンリーの兄)が軍の圧力で翌1659年で護国卿を辞任すると国家教会制度も終わり、1660年王政復古で国教会が復活、ピューリタンは弾圧される立場に転落していった。1688年名誉革命に伴う翌1689年の寛容法でピューリタンは信仰の自由を認められたが、それは国教会の優位を前提として政府に忠誠を誓った上での条件付きだった[4]

[4]前ページ
(1.6.教会と国家の分離(政教分離の原則))
[6]次ページ
(2.2.アメリカ合衆国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/03 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant