サービス終了のお知らせ
バフマニー朝
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.3.ビーダルへの遷都
アフマド・シャー1世の治世に、バフマニー朝はデーヴァ・ラーヤ2世(在位1422 - 1446)のもと軍制改革を行って強大になったヴィジャヤナガル軍に敗れ、1425年にグルバルガから北東100kmのビーダルに遷都した。また、1443年にはヴィジャヤナガル王国と3度にわたる激戦を繰り広げたが、その決着はつかず、現状維持の同意がなされた[8]
アフマド・シャー2世(在位1436 - 1458)からムハンマド・シャー3世(在位1463 - 1482)の治世に、イラン出身のマフムード・ガーワーンが宰相をつとめた[9]。バフマニー朝はカーンチープラムまでヴィジャヤナガル領に侵入したほか、ゴアなどをヴィジャヤナガルから奪うなど、西部海岸地域を征服に成功した[10][11]
その結果、イラン、イラクなどとの海外交易の拡大が可能となり、それに伴って国内の商業流通や手工業も発展した。また、グジャラート・スルターン朝との同盟のおかげで北方のマールワー地方にも領土を拡大した[12]
[4]前ページ
(1.2.ヴィジャヤナガル王国との抗争)
[6]次ページ
(1.4.ムスリム5王国に分裂)

8. チャンドラ『中世インドの歴史』、p.144
9. 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.122
10. 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.122
11. チャンドラ『中世インドの歴史』、p.149
12. チャンドラ『中世インドの歴史』、p.149

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/04/22 00:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant