サービス終了のお知らせ
バフマニー朝
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.1.建国
トゥグルク朝デカン地方総督アラー・ウッディーン・ハサン(ハサン・ガングー)がデカンのグルバルガ1347年に独立した。
ハサンは即位に際し、バフマン・シャー(在位1347 - 1458)と称した。このことから、この王朝はバフマニー(バフマン)朝とも呼ばれた[1]
バフマン・シャーを名乗った理由として、ペルシャ出身のフィリシュタという歴史家が語っている民衆の伝説によると、神秘的なイランの英雄バフマンに自分を見たてようとしたからだという[2]
だが、バフマン・シャーという語は、アラー・ウッディーン・ハサンが以前仕えた主人であるガングーという人物がバラモンだったから、その主人への賞賛の言葉を意味していたとする説もある。
[6]次ページ
(1.2.ヴィジャヤナガル王国との抗争)

1. 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.125
2. 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.121

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/04/22 00:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant