バフマニー朝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
バフマニー朝(バフマニーちょう、ヒンディー語: ????? ??????, 英語: Bahmani Sultanate)とは、14世紀中ごろから16世紀初頭にかけて、インド亜大陸デカン地方を支配したイスラーム王朝(1347年 - 1527年)。首都はグルバルガビーダルバフマニー・スルターン朝バフマン朝とも呼ばれる。
目次
1.歴史
├1.1.建国
├1.2.ヴィジャヤナガル王国との抗争
├1.3.ビーダルへの遷都
├1.4.ムスリム5王国に分裂
└1.5.滅亡
2.歴代君主
3.脚注
4.参考文献
5.外部リンク
6.関連項目
出典:Wikipedia
2017/04/22 00:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/23 更新
 1位日本
 2位山本美香
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位8月22日
 5位玄倉川水難事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant