サービス終了のお知らせ
バニシングin60″
▼人気記事ランキング
2.作品について
上映時間の半分を割いた約40分にわたる前代未聞のカーチェイスは語りぐさとなっている。製作から40年以上を経ても、このロングカーチェイスの記録は破られていない。
作品中のテロップでは主役は“ELEANOR(エレナ エレノア又はエレナーとの記載もあり)”とだけ記されている。これは主役はあくまで「車」なのだ、というハリッキーのメッセージである。
カーチェイスは、ロケーションも含めて、ドキュメンタリータッチで撮影されており、主人公の車が通過後の被害処理にあたる警察やヤジ馬などの描写など、独特の雰囲気をもっている。
ペイスの車がハイウェイから強引に出ようとする際、後続車と接触しスピンしながら鉄柱に激突するシーンが出てくるが、これはアクシデントによる実際の事故ショット。ハリッキーは負傷しながらも、カメラマンに「おい、ちゃんと撮ったか?」と聞いたというエピソードは有名。
スタントマン出身のハリッキーが自らハンドルを握る、カーアクション映画のカリスマ的作品である。
[4]前ページ
(1.ストーリー)
[6]次ページ
(3.キャスト)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/31 19:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant