バトンルージュ
▼人気記事ランキング
6.日本との関わり
1992年10月17日、日本人留学生がこの町でハロウィンのパーティに参加しようとして、間違って訪問した家の主から不法侵入者として射殺された。(家の主は、ルイジアナ州法は刑事裁判で無罪となったが、民事裁判では賠償責任ありと判断され、両親に65万ドルの支払いを命じられた。なお、保険金からの10万ドル以外は支払われていない。)
事件の概要は、以下に詳しい。日本人留学生射殺事件参照。
『アメリカを愛した少年』賀茂美則、講談社、1993年
『フリーズ! ―ピアースはなぜ服部君を撃ったのか―』平義克己、ティム・タリー, 集英社, 1997年
1993年に芥川賞を受賞した吉目木晴彦の『寂寥荒野』(講談社)は国際結婚で渡米し、その晩年アルツハイマー症を発症した日本人女性を描いた作品だが、バトンルージュを舞台としており、後に、「ユキエ」松井久子監督(1998年)として映画化された。やはり同氏が1988年に第10回野間文芸新人賞を受賞した『ルイジアナ杭打ち』も1960年代のバトンルージュが舞台である。
[4]前ページ
(5.交通)
[6]次ページ
(7.姉妹都市)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/11/22 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/17 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月16日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant