サービス終了のお知らせ
バジル・ホール・チェンバレン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
バジル・ホール・チェンバレンBasil Hall Chamberlain, 1850年10月18日 - 1935年2月15日)は、イギリスの日本研究家。東京帝国大学文学部名誉教師。明治時代の38年間(1873年-1911年)日本に滞在した。アーネスト・サトウウィリアム・ジョージ・アストン(William George Aston)とともに、19世紀後半から20世紀初頭の最も有名な日本研究家の一人。彼は俳句を英訳した最初の人物の一人であり、日本についての事典"Things Japanese"(『日本事物誌』)や『口語日本語ハンドブック』などといった著作、『古事記』などの英訳、アイヌ[1]琉球[2]の研究で知られる。「王堂」と号して、署名には「チャンブレン」と書いた。
目次
1.人物
├1.1.就学と就職
├1.2.お雇い外国人
└1.3.交友関係
2.君が代
3.俳句
4.批判
5.著書リスト
6.邦訳
7.伝記
8.脚注
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/09 16:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant