サービス終了のお知らせ
バイエルン王国
▼人気記事ランキング
3.東方問題
1821年、25グルデンの直接国税を納める担保物権がない土地の保有が新貴族の要件として設定された。1825年に即位したルートヴィヒ1世は、いくつもの債権国とギリシア独立戦争を支援した。

1832年のロンドン条約により、国王ルートヴィヒ1世の次男オットーがオソン1世として一応の独立を果したギリシャの国王に即位した。3人の摂政もバイエルンから派遣された。ルートヴィッヒ・フォン・アーマンスベルク、ゲオルク・ルートヴィヒ・フォン・マウラー、カール・ヴィルヘルム・フォン・ハイデックである。オソンが成人する1835年まで、この3人が実権を握り中央集権を図った。

1837年、ミュンヘン鋳造所委員会がデグサのもとになるフランクフルト・アム・マインの貨幣鋳造所を認可した。1844年、ヘンリー・リーマンが移民としてアメリカへ渡った。バイエルンは合衆国に利権をもつオーストリアの銀行と関係を深めた。

1866年、3500万グルデンの公債発行。ディスコント・ゲゼルシャフトが引受を主導した。普墺戦争で敗北するものの、極僅かな領土の割譲と3千万グルデンの賠償金で講和し、南ドイツの盟主的存在となった。ドイツ帝国が成立する際プロイセン王国に次ぐ領邦となった。1885年、ルートヴィヒ・フェルディナント・フォン・バイエルンとその妻がバイエルンに定住した。

ドイツが第一次世界大戦に敗れると、混乱の中で勃発したドイツ革命により、1918年ルートヴィヒ3世が退位し、バイエルン王国は滅亡した。翌年には社会主義者によってバイエルン・レーテ共和国が立てられたが短命に終わった。

大戦の前後にわたってオスカル・フォン・ミラーがバイエルンの電力事業をプロデュースした。

1809年の宗教勅令より続くプロテスタントの国家教会制が1920年に消滅した。

[4]前ページ
(2.王国の成立)
[6]次ページ
(4.1.歴代国王)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/07 08:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant