サービス終了のお知らせ
バンク切り換え
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
バンク切り換え(バンクきりかえ、Bank Switching[1])はコンピュータメモリ内のアドレス空間を、1次元配列から多次元配列にする事によりアクセス可能なアドレス空間を拡張する技術である[2]ミニコンピュータで生まれた技術である[3]。8ビットのマイクロコンピュータシステムで一般に使われた技術であり、アクセス可能なRAMROMの量をアドレスバスを拡張せずに増やすことを目的としていた。
目次
1.概要
2.バンク切り換えの欠点
3.実施例
├3.1.8ビットマイクロプロセッサ
├3.2.ゲーム機
├3.3.PC-9801におけるバンクメモリ
├3.4.EMS
└3.5.その他
4.脚注
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/10/06 22:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant