バリー・ゴールドウォーター
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.1.生い立ち
1909年、当時準州であったアリゾナのフェニックスで、バロン・ゴールドウォーターとハッティ・ジョセフィン・ウィリアムズ夫妻の間に生まれる。父親はデパートを経営し、元来ユダヤ教徒であったが、ロジャー・ウィリアムズを輩出した一族の出身であるハッティ・ジョゼフィンとの結婚を機に監督派(米国聖公会)に改宗した。

家業のデパートは一家を裕福にし、ゴールドウォーターはスタントン軍学校に学び、続いてアリゾナ大学に入学した。父親のバロンは1930年に死去し、ゴールドウォーターはアリゾナ大学を中退し、家業のデパート経営を引き継いだ。アリゾナ州は民主党の強固な地盤であったため、ゴールドウォーターは民主党の改革派として政治活動をスタートしたが、後に共和党に鞍替えし、ニューディール政策に反対した。1934年にマーガレット「ペギー」・ジョンソン(インディアナ州マンシー出身の実業家の娘)と結婚、4人の子供をもうけた。

アメリカ合衆国が第二次世界大戦へ参戦すると、ゴールドウォーターはアメリカ陸軍航空軍の予備役士官として任官する。彼は新たに創設された、世界中の戦場に供給を行う部隊にパイロットとして着任した。軍歴の大半を本国とインド間の飛行に費やし、アゾレス諸島、北アフリカ、南アメリカ、ナイジェリア、中央アフリカにも飛行した。また、国民党軍への補給のためヒマラヤ上空も飛行した。彼は戦後も軍に留まって空軍士官学校の創設に尽力し、士官学校のビジターセンターは彼の名が命名された。最終的には少将として退役した。彼は退役までに165種類の航空機を操縦した。

[6]次ページ
(1.2.初期の経歴)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/11 23:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant