バチカン
▼人気記事ランキング
5.日本語での名称について
日本の外務省は、ローマ教皇を国家元首とする独立国家をバチカン市国と呼び、その聖俗両面の総称をバチカンとしている[4]

日本のカトリック教会の中央団体であるカトリック中央協議会は、1981年ヨハネ・パウロ2世の来日時に、それまで混用されてきた「教皇」と「法王」の呼称を統一するため、世俗の君主のイメージの強い「王」という字を含む「法王」でなく「教皇」への統一を定めた。また「教える」という意味を含む「教皇」がより職務を表していると考えたともいう[5]

以降、日本のカトリック教会の公式な表記では「法王」でなく「教皇」が用いられている。このとき、東京にある「ローマ法王庁大使館」においてもこれにあわせて「法王庁」から「教皇庁」への名称変更を行おうとしたが、日本国政府から「日本における各国公館の名称変更は、クーデターなどによる国名変更時など、特別な場合以外は認められない」として認められず、「ローマ法王庁大使館」の名称を使用していた。(官報や外務省の公文書でも「ローマ法王」の語が用いられているため、これが日本国政府の用いる公式名称であるとみなされていた。)このような経緯もあって、マスメディア等では長らく「教皇」と「法王」の呼称が混用されていた。

2018年2月9日、衆議院予算委員会山内康一がこの件で質問を行っている。事前に通告されたのを受けて外務省が当事者である駐日大使館及びバチカン本国へ問い合わせを行ったところ、いずれも名称変更(=「教皇」への訳語統一)を求めていないと回答されたという。しかし河野太郎外務大臣は2015年に表記変更を行ったジョージアの例を上げつつ、要望があれば対応することを表明した[6]

2019年11月20日、第266代教皇フランシスコの来日を目前にして、日本国政府及び外務省は「ローマ教皇」に呼称を変更した[5]。外務省は変更の理由を、カトリック関係者ほか一般的に「教皇」を使用する場合が多いこと、また日本政府がバチカン市国側に呼称の変更が問題ないことが確認できたため、と説明した[7]。政府の変更に合わせ、NHK[8]、産経新聞[9]ほか多数メディア[10]も呼称を変更した。

[4]前ページ
(4.軍事・警察)
[6]次ページ
(6.国際関係)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/18 09:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant