サービス終了のお知らせ
バーチャロイドの一覧
▼人気記事ランキング
7.その他
7.4.ブラットス
オラトリオ・タングラムにおける中ボス。通称「幻像結晶拘束体」。その名の通り、体内にアース・クリスタルを格納しており、ジグラットの下半身の上にさらにジグラットの下半身を上下逆さまに取り付けた上下線対称な構造が特徴的である。

戦闘パターンもジグラット同様2つの形態を持ち、通常形態と上下に分離し内部のアース・クリスタルを露出させて攻撃する形態がある。通常形態ではダメージを与えることができないのはジグラットと同じだが、上下分離した瞬間にしかダメージが与えられない点が異なる。

元々は第4プラント「TSCドランメン」がタングラムの起動を妨害する[注 107]ために、アース・クリスタルを6つの人工V.クリスタルで囲んだ装置であった。この人工V.クリスタルにはV.ポジティブ値が高い人間の精神が本人の意志に反して封じられ、その怨嗟の念によって近づくものを攻撃するようになったと言われているが真相は不明である。その攻撃性のためブラットスの維持には膨大な人的、物的コストがかっておりタングラムの独占を阻止しタングラムの共有権を得て早期にブラットスの解体を行いたいTSCとブラットスによる交感遮断機能の影響を受けて衰弱しCISを漂流し行方が分からなくなってしまっているタングラムとの交信を行いたいフレッシュ・リフォーとの互いの妥協点がリリン・プラジナーによって限定戦争興行オラトリオ・タングラムとして提示された。このことにより後にブラットスは解体されアース・クリスタルは解放されたがヤガランデの封印もまた弱くなり以前のようにヤガランデの幻影が発生する危険な状況に戻ってしまっている。その対処として「ヤガランデの供犠」[注 108]という密約がTSCとフレッシュ・リフォー間で交わされた。

また、マーズにはこの機体と酷似した「ストラトス」という機体も登場する。

登場シリーズ:オラトリオ・タングラム

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/30 15:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant