サービス終了のお知らせ
バーチャロイドの一覧
▼人気記事ランキング
4.第2世代VR
4.3.アファームド系列(第2世代)
第2プラント「トランスヴァール」が製造した第2世代VR。フレッシュ・リフォー陣営のVR開発禁止令を破り、最も早い段階でTSCドランメン陣営の戦闘部隊「RNA」に供給された。まだ第1世代VRが席巻していた頃であり、この新機体は初期には猛威を振るい、圧倒的性能によりDNAを窮地に追い詰めた。多数の派生機が登場したが、当初はアファームド・ジ・アタッカーと称される右腕にバタフライナイフ、左腕にバズーカないしサブマシンガンを装備する機体と、アファームド・ザ・ディスラプターと呼ばれる両肩キャノン・両腕ミサイルポッドの機体が多数製造された。このVRはまだ機体の熟成が進んでいなかったが、それでも第2世代VRの性能は第1世代VRに大きく水をあけていた(詳細は#ゲーム以外の作品に登場するバーチャロイドを参照)。しかし他の第2世代VRが登場すると、圧倒的性能差を確保することが困難になった。そこでこのVRを再度調整して製造されたのが、オラトリオ・タングラムに登場する「アファームド・ザ・バトラー」と「アファームド・ザ・ストライカー」である。バトラーは両腕にビームトンファーを装備し、サブマシンガンを両手に持つ。第1世代アファームドを更に近接寄りに持っていったコンセプトである。ストライカーは先述のディスラプターの武装を半分にし、肩ミサイルキャノン1門・ミサイルポッド1個を装備し、ディスラプターで問題となっていた近接能力を補うためナイフを装備している。そして指揮官機「アファームド・ザ・コマンダー」も登場し、こちらはマチェット(鉈)と、初期はアタッカーやバトラーと同じサブマシンガンを、後期は見た目は第1世代型アファームドのものと同型だが新型のショットガンを装備している[注 21]

別名「超格闘対応型機体」
型式番号RVR-39、両手にはマシンピストル ダキアスガンシステム(サブマシンガン)、両腕部にはビームトンファー ダイナミック・トンファーVer.DXを装備している近接戦闘型、近接戦闘での決着に価値を見出していたRNAではあったが、長らく純粋近接戦闘型の第2世代型アファームドを持たず第1世代型の改良型の旧型機アファームドRを運用していた。しかしDNA側の第2世代型VRの戦力が充実してくると被害が目立つようになり本機が開発されることとなった。第2世代型のアファームドとしては最後発の機体で新型スケルトンを採用しており高い機体強度を持つ、ゲームにおいては、やはり近接能力が高い機体となっている。そして今回ターボ攻撃が追加されたことによって遠距離ビームトンファーは縦に長い竜巻状に放つことが可能となっているため、「近接を挑むための射撃牽制戦」が強く、プレーヤーに纏わり付く様なアグレッシブな立ち回りが可能である。Ver5.2時はこのしゃがみCWを中心とした射撃牽制が牽制どころでない強さを誇っていて「遠距離で竜巻がいやらしい、近距離はトンファーが痛い」という機体になっていた。そのためVer5.4以降近接以外が大幅に弱体化したものの、本来のアファームドらしさを取り戻したと言われた。
アファームド・ザ・バトラー(とある魔術の電脳戦機)
『とある魔術の電脳戦機』においてローマ正教の組織『神の右席』に所属する魔術師、後方のアックア(声:東地宏樹)が操縦するアファームド。形式番号「RVR-39/VSL」。神裂火織と並び世界に20人といないとされる聖人の1人でブーストウェポンは「霊装アスカロン」を幻像剣として具現化してのジャンプ斬り。
アファームド・ザ・ストライカー
別名「超火力強化型機体」
型式番号RVR-33、「動ける支援機」とも呼ばれる機体で、現地改修型の初期型を改良し新型スケルトンの採用と制御用アビオニクスの見直しを行い近接戦闘用にクリティカルエッジを追加した正式採用タイプ。ゲームでは攻撃が地味でかなり敬遠されがちな機体になってしまっているのは否めないものの、地味ながら決め所が豊富な射撃、CWゲージが75〜99%の時だけ発射できる[注 22]空中前ダッシュCWの火力と誘導性能など、遠距離戦火力はなかなかの物がある上に、近接でもリーチこそ短いが出が速いため決して使いにくいという事は無い。しかし、Ver5.45のネット対戦で「強すぎる!」という声をまともに受けてしまい(実際の原因は単なる通信ラグ)、Ver.5.66にて左ターボCWがバウンドせず即爆してしまうようになり、相手へのプレッシャーを掛けにくくなったのに加え、近接攻撃も近接攻撃をクイックステップでキャンセルしたときに発生する「真空判定」を当てた時のダメージが大幅に弱体化されたため、相当ハンデのある機体になってしまった。実際には真空弱体化は全キャラへのバグフィックスだったのだが、このテクニックを一番多用するのがストライカーだった為に、近接が弱体化しすぎだと言われた。しゃがみ左ターボCW右トリガー離しハーフキャンセルで地雷のようなグレネードを設置できるが、これを戦闘中に一定個数以上置くとCWが強化されるバグがある。
アファームド・ザ・ストライカー "Jadge Igniters"
『とある魔術の電脳戦機』において佐天涙子(声:伊藤かな恵)が操縦するアファームド。形式番号「RVR-33/VSL」。御坂美琴、白井黒子、初春飾利、佐天涙子らで組んでいるバーチャロンチーム「Jadge Igniters」デザインのアファームド・ザ・ストライカーでブーストウェポンは得意武器のバットでのフルスイング攻撃、それに合せて頭部のセンサーユニットが通常機とは異なるバッターヘルメット状のデザインのものに変更されている。
アファームド・ザ・コマンダー
別名「超指導力強化型機体」
型式番号RVR-12、小説『One-Man Rescue』に登場し、後にVer.5.66から追加された機体、RNAには指揮管制用の情報処理能力の高い機体としてフェイ-イェン・ザ・ナイトがあるがこれは特殊な機体であり配備数が少ない問題点があった、そのため現場においては部隊運用の中核として情報処理能力を強化したアファームド系列の指揮官型がまだまだ使用されている。ストライカーのリーチと威力を強化した近接能力と、バトラー以上の中距離攻撃もそれなりにこなすアファームド系列の中ではニュートラルな性質となっている。とはいえ、近接でシールド60%を持っていくバトラーや、当たれば20%以上のCWを連発出来るストライカーに比べ、大ダメージを取れる攻撃が当てて15%の前ダッシュRWと弾速が遅い上にチャージが遅めな前ダッシュCW程度しか無く、使いにくくはないものの使いやすいともいえない機体である。
アファームド・ザ・コマンダー(とある魔術の電脳戦機)
『とある魔術の電脳戦機』においてイギリス清教の組織『必要悪の教会』に所属する魔術師、神裂火織(声:伊藤静)が操縦するアファームド。形式番号「RVR-12/VSL」。実刀運用の制御システムが充実しているという理由でアファームド・ザ・コマンダーを選択している、世界に20人といないとされる聖人の1人でブーストウェポンは「唯閃」と呼ばれる抜刀術を再現した高速の居合い抜きでターミナス・マチェットより障害物すら貫通する斬撃を飛ばす。 どの機体も共通で、左武器の通常時は地面から火柱の立つナパームだがダッシュ時はダッシュする方向によって武器の性質が変化する、前および前斜めダッシュ&後ろおよび後ろ斜めダッシュ時はボム、左右ダッシュ時はナパームになっている、通常攻撃のナパームの火柱を壁として突っ切るように前ダッシュして相手にボムを投げつけるといった時間差でプレッシャーを掛けることが可能(ターボ攻撃LTは肩部内臓のグレネードボムを射出、RTは大型のボムをサッカーボールを蹴るように相手に蹴りつける)。また空中横ダッシュナパームの誘導性能が極めて高く、相手にとっては避けにくい。2段ジャンプ中CWで12秒間のみパワーアップする特殊技[注 18]を使用することができるが、終了後は弱体化する。CWゲージ100%時に空中前ダッシュCWで特殊突進攻撃を出せるが(ストライカーのみパンチ[注 20]、バトラーとコマンダーはキック[注 19])、誘導性能が無く当てにくい。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/30 15:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant