サービス終了のお知らせ
ハノーヴァー朝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ハノーヴァー朝(ハノーヴァーちょう、英語Hanoverian Dynasty)は、1714年から1901年まで続いたイギリス王朝ステュアート朝の断絶を受けて、ドイツ北部の領邦君主の家系であったハノーヴァー家からジョージ1世を国王に迎え入れて成立した。
ハノーヴァー家(House of Hanover [?h?no?v?r, ?h?n?v?r]、ドイツ語ではハノーファー家)は、ドイツのヴェルフ家ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家)の流れを汲む神聖ローマ帝国の諸侯の家系で、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公領の分邦の一つカレンベルク侯領(1692年からハノーファー選帝侯領)の君主の家系であった。ステュアート家の血筋を引いていたことからイギリスの王家(上記ハノーヴァー朝)となり、ハノーファー選帝侯領(1814年からハノーファー王国)とイギリスの君主を兼ねる同君連合体制をとった。1837年、女王ヴィクトリアの即位によりサリカ法をとるハノーファー王国との同君連合を解消した。
1901年のヴィクトリアの死後は、夫(王配)であったアルバートの家名を取って、サクス=コバーグ=ゴータ朝と称される。第一次世界大戦中に、敵国ドイツ帝国の領邦の名が冠されている家名を避け、1917年に王宮の所在地ウィンザーにちなみウィンザー家と家名を改称した。
これらは別項で扱うが、ヴィクトリア女王で血統が断絶したわけでないため、ハノーヴァー朝の継続と見なされることがある。
なお、初代(ジョージ1世)から4代(ジョージ4世)まで、連続して4人の「ジョージ」(ゲオルク)という名の王が在位していたことから、この時期を特にジョージ王朝時代)と称することがあり、文化史ではこの時期を中心とした「ジョージアン時代」という区分もある。
目次
1.歴史
2.歴代君主一覧
├2.1.グレートブリテン国王兼アイルランド国王
└2.2.グレートブリテンおよびアイルランド連合王国国王
3.系図
4.関連項目
出典:Wikipedia
2019/10/25 20:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant