サービス終了のお知らせ
ハドリアヌス5世 (ローマ教皇)
▼人気記事ランキング
概要
ハドリアヌス5世(Hadrianus V,1210年/1220年 - 1276年8月18日)はローマ教皇(在位:1276年)。本名はオットボノ・フィエスキ(Ottobono Fieschi)。インノケンティウス4世の甥に当たる。
生涯・人物
叔父によって助祭枢機卿に任命され、1265年クレメンス4世と交代してイングランドの教皇使節に就任、インノケンティウス5世亡き後の教皇に選出された。グレゴリウス10世が定めたコンクラーヴェの制度を一時破棄したが、ヴィテルボに移ってそこで死去。在位は1ヶ月に過ぎなかった。その後、ヨハネス21世が選出された。
ダンテ・アリギエーリの『神曲』では貪欲の為に煉獄で罪を償うハドリアヌス5世が書かれている。
出典:Wikipedia
2016/07/12 16:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant