サービス終了のお知らせ
ハインリヒ・ラスペ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ハインリヒ・ラスペHeinrich Raspe, 1204年 - 1247年2月16日)は、テューリンゲン方伯(在位:1241年 - 1247年、1227年から甥ヘルマン2世の後見人を務めていた)、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世およびその息子のコンラート4世対立王(在位:1246年 - 1247年)。父はテューリンゲン方伯ヘルマン1世、母はバイエルン公オットー1世の娘ゾフィア。ルートヴィヒ4世の弟、コンラートの兄。
「ハインリヒ・ラスペ」という名前は、テューリンゲンの君主一族であったルードヴィング家にしばしば現れる名前ではあるが、ほとんどは君主の弟に付けられる名前であり、本稿の人物ほどの重要人物は他にいない。但し、学問上は区別のため、この人物をハインリヒ・ラスペ4世と呼ぶ場合もある。
目次
1.生涯
├1.1.テューリンゲン方伯時代
├1.2.対立王に即位
└1.3.死後
2.結婚
3.参考文献
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/12 01:39
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant