ハンプティ・ダンプティ
▼人気記事ランキング
1.詞とメロディ
1.1.古形
この童謡が記録されている最古の文献は、作曲家サミュエル・アーノルドによる1797年の著書『少年少女の娯楽』である。この文献においては、童謡は以下のような形の詞になっている。

 Humpty Dumpty sat on a wall,
Humpty Dumpty had a great fall.
Four-score Men and Four-score more,
Could not make Humpty Dumpty where he was before.[1]

ハンプティ・ダンプティが塀に座った
ハンプティ・ダンプティが落っこちた
80人の男にさらに80人が加わっても
ハンプティ・ダンプティをもといたところに戻せなかった

1803年に出版された『マザー・グースのメロディ』の原稿には、より遅い時代に現われた、次のような別の最終行のヴァージョンが書き留められている。"Could not set Humpty Dumpty up again"(ハンプティ・ダンプティをまた立たせることはできなかった[1])。『ガートンおばさんの花輪(詩文集)』の1810年の版では以下のような詞になっている。

Humpty Dumpty sate〔ママ〕 on a wall,
Humpti Dumpti〔ママ〕 had a great fall;
Threescore men and threescore more,
Cannot place Humpty dumpty as he was before.[9]

ハンプティ・ダンプティが塀に座った
ハンプティ・ダンプティが落っこちた
60人の男にさらに60人が加わっても
ハンプティ・ダンプティをもとのところに戻せなかった

ジェイムズ・オーチャード・ハリウェルが1842年に出版した童謡集では以下の形のものが収録されている。

Humpty Dumpty lay in a beck.
With all his sinews around his neck;
Forty Doctors and forty wrights
Couldn't put Humpty Dumpty to rights![10]

ハンプティ・ダンプティが小川に寝た
自分のすべての筋を首の周りに集めて
すると40人の医者と40人の職人にも
ハンプティ・ダンプティを立たせられなかった

[4]前ページ
(1.詞とメロディ)
[6]次ページ
(2.起源をめぐる説)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/04 08:30
ソ人気記事ランキング
2019/11/15 更新
 1位日本
 2位伊藤綾子
 3位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 4位二宮和也
 5位11月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant