サービス終了のお知らせ
ハンプシャー
▼人気記事ランキング
概要
ハンプシャーHampshire, 略称:ハンツHants))はイギリスイングランド南岸にある行政区域で、ハンプシャー州 (the county of Hampshire, Hampshire county) とも呼ばれる。(西から時計回りに)ドーセット州ウィルトシャーバークシャーサリーウェスト・サセックスに接している。面積は1455平方マイル (3,769km2) で、東西約55マイル (90km)、南北40マイル (65km) の幅がある。州都は北緯51度03分35秒 西経1度18分36秒 / 北緯51.05972度 西経1.31000度 / 51.05972; -1.31000にあるウィンチェスターである。2001年の国勢調査によると、公式の区域には124万人が、行政上は独立しているポーツマスサウサンプトンを含めた形式上の州には、全部で160万人がいる。

海辺のリゾート地、ポーツマスの軍港、ビューリーの自動車博物館などの観光名所があるため、休日の行楽地として人気がある地方である。ニューフォレスト国立公園は南ダウンズの広大な地域として国立公園になる予定の州境にある。ハンプシャーはイギリス海軍と古くから関係があるほか、イングランドの主要港のうち2つが州内にある。作家ジェーン・オースティンチャールズ・ディケンズの住まいがあることでも知られる。

自然地理[編集]

ハンプシャーの地形は2種類に分かれる。南部は海岸沿いにハンプシャー湾があり、パーベック半島とドーセット、ワイト島により海の侵食を防いでいる無人の始新世漸新世の土砂の割合が相対的に高い地域である。こうした低く平らな土地は、ニューフォレストを形成する広大な地域のヒースと森林地帯を支えている。ニューフォレストは多様な野生生物の主役であるヒース、大草原、針葉樹林、広葉樹林が入り交じっている。森林は景観と野生生物を守るために開発と農業利用が制限される国立公園として守られている。ニューフォレストの広大な地域は、一般の利用が可能で、家畜の牛、豚、馬、数種類の野生の鹿などの牧草地によって牧草地の極相を保っている。脆い岩と低地に流れ込む潮位の変化による侵食は、数箇所の大きな河口とリアス式海岸を形勢し、特に12マイル (19km) にわたってサウサンプトン・ウォーター(水道)と大きく入り組んだポーツマス港を作り上げている。ワイト島は無人の岩礁がソレントを作りながら侵食してきたハンプシャー沿岸にある。

ハンプシャーの北部と中部は、緩衝地帯がはソールベリ平地と南ダウンズの南イングランド白亜構造になっている。こうしたところは南部とは粘土層で境界をなす急傾斜地のある高い丘陵地になっている。丘陵地は北はテームズ渓谷の急峻地、南はなだらかな傾斜になっている。ハンプシャーの最高地点は、高度286m(938ft)のパイロットヒルである。低地は野生の花と昆虫にとって重要な石灰質の牧草地になっている。嘗てハンプシャーは殆ど農業に適していない土地だったが、20世紀前半に食料需要が増えたことで低地の農地開発が行われた。広大な低地は、現在「東ハンプシャーの自然の美しさが傑出した区域」により農業被害の拡大を防いでいる。イッチェン川とテスト川は白亜岩から流れ出る森林渓谷を通ってサウサンプトン・ウォーターに流れ込む鱒の生息する川である。低地の渓谷にはセルボーンが横たわり、渓谷を取り巻く田園地帯は、自然史におけるギルバート・ホワイトの先駆的観測地であった。

ハンプシャーは英国諸島の殆どの地域よりも温暖で、島の南端で海の影響を安定させているが、大西洋沿岸の更に厳しい気候からは守っている。イギリスの年平均気温が摂氏10. 2度から12度なのに対し、ハンプシャーの年平均気温はこれより高く[1]、年平均降雨量は741〜1060mm[2]、年間の平均日射量は、1541時間を超えている[3]

歴史[編集]

南ダウンズの白亜低地とソールズベリー平野の南縁は、新石器時代に開拓され、当時の開拓者は、丘状の堡塁を造り、ハンプシャーの渓谷を農地にしたかも知れない。ハンプシャーはケルト族がGwentY Wentと名付けた地域にあり、サマーセットとウィルトシャーを含んでいる。ローマの支配を受けた時代、ハンプシャーは侵略軍に最初に攻め落とされた一つである。ハンプシャーはサクソン族が支配するまでジュート族に占領された。ハンプシャーは755年に作られた記録のあるサクソン族の国の一つだが、ドーセットサマセットはブリトン族に撃退されたので、2世紀に亘ってサクソン族の支配が及ぶ西の端であった。西ハンプシャーに侵攻したサクソン族がウェセックス王国の中心になってから多くのサクソン王がウィンチェスターに埋葬された。ウィンチェスターの銅像は、9世紀にこの地域を安定させたアルフレッド大王を称えている。

ノルマン人征服期以降は狩猟の森としてニューフォレストを作ったノルマン王お気に入りの場所であった。44の村落に分かれていたとドゥームズデイ・ブックに記録されている。12世紀から港が重要になってゆき、大陸との貿易で栄え、毛織物、布、漁業、造船業が興った。

数世紀以上城と城砦の数々がサウサンプトンとポーツマスの港を守るためにソレントの海岸沿いに造られた。ポーツマス港を見渡せるノルマン式のポーチェスター城があり、ソレントの河口の砂嘴に位置するハースト城とサウサンプトン・ウォーターの河口の砂嘴にあるキャルショット城、ネットレー城など城砦の数々がヘンリー8世により建設された。サウサンプトンとポーツマスは、深いところでもコンバインシェルターが使える数少ない場所であるために、プールとブリストルのような競争相手が衰退しても、今も重要な港になっている。サウサンプトンはメイフラワー号タイタニック号などの有名な船が多く母港とした港で、後者はハンプシャーっ子が沢山乗り組んでいた。

ハンプシャーは第二次世界大戦でポーツマスが軍港、オルダーショットが陸軍基地、サウサンプトン・ウォーターがネットレー軍病院として、ソールズベリー平野とパーベックの訓練区域に近いことと併せて重要な役割を演じた。スピットファイアなどの空軍機を設計、製造したスーパーマリンは、サウサンプトンに拠点を置いていたため、同市は厳しい都市爆撃にさらされた。今もポーツマスはイギリス海軍、オルダーショットはイギリス陸軍、ファーンボロはイギリス空軍のそれぞれ主要な基地のひとつになっている。

ハンプシャーは嘗て「サウサンプトンシャー」と呼ばれ、ヴィクトリア朝の地図にはそのように載っている。この名称は正式には1959年4月1日にカウンティ「サウサンプトン」からカウンティ「ハンプシャー」に変更された。郵便の宛名には良く省略したHantsが使われている。

ワイト島は古くから一定の目的でハンプシャーの一部として扱われてきたが、行政機構は1世紀以上独立した形になっていて、1890年に独自の州評議会が作られている。ワイト島は1974年に完全な形式上の州になった。警察と保険行政以外はワイト島とハンプシャーには公式には行政上の関係はないが、多くの機関が、依然としてハンプシャーとワイト島で連携している。

ボーンマスとクライストチャーチの町も、古くからのハンプシャーの町だが、1974年の地方制度改革でドーセットに移った。

経済[編集]

ハンプシャーは比較的豊かな州で、域内総生産 (GDP) は229億ポンド(サウサンプトンとポーツマスを除くと163億ポンド)である。この数値はイングランドで6番目の規模で、北アイルランドと同規模で、それぞれ全体としてイギリス経済の2%を占めている[4]

ポーツマスとウィンチェスターは、州で最も高い労働人口密度で、従って都市部に通勤する人の割合が高い。サウサンプトンは仕事の数が最も多く、市内外から通勤する人が多い。ハンプシャーは失業率が全国平均より低く(全国平均が3.9%の年に1.9%)、2005年3月現在1.1%に低下している。全国平均が42%なのに対して、39%が大企業で働いている。ハンプシャーは工場部門を除いてハイテク産業で働く割合が全国平均より高い。人口の25.21%が、公営企業で働いている。[5]

ハンプシャーの農村部の多くが、伝統的に農業に頼っているが、周辺の殆どの州より農業の割合は低く、殆ど酪農に集中している。雇用との関係では農業は20世紀前半から重要度は減ってきていて、現在農業に従事しているのは、人口の1.32%である。ハンプシャーは長らく猪とベーコンの原料になる帰化動物の「ハンプシャー豚」と関係がある。[6]

ニューフォレスト区域は国立公園で、ここでは観光が1992年に750万人が訪れる重要な経済になっている。[7]南ダウンズとサウサンプトンとウィンチェスターの都市も観光客を呼び込んでいる。サウサンプトンボートショーは1年で最大の催し物の一つで、ハンプシャー全域から人々が訪れている。2003年は全部で日帰りの観光客が3,100万人、長期滞在が4,200万人いた。[8]

サウサンプトンとポーツマスの都市は、どちらも重要な港湾都市で、サウサンプトンはコンテナー貨物輸送の割合が高く、ポーツマスは海軍基地がある。ドックは大量の雇用を生み出してきたが、再び機械化で経済の多様化に直面している。

人口[編集]

2001年の国勢調査[9] によると、サウサンプトンとポーツマスを含む州の人口は1,644,249人、含まない人口は1,240,103人で、217,445人がサウサンプトンに住み、186,701人がポーツマスの人口である。両市を含まない人口は、1991年の統計より5.6%増え、ポーツマスに変動がないのに対してサウサンプトンは6.2%増となっていて、全体としてイングランドとウェールズの増加率2.6%に匹敵する伸びである。イーストレイとウィンチェスターは、それぞれ最速の9%の増加率である。年齢構成は全国平均と類似している。

住民の96.73%はハンプシャー生まれだが、サウサンプトンは92.34%に低下している。主だった少数民族は、アジア系が1.34%、混血が0.84%となっている。0.75%が外国からの移民である。73.86%がキリスト教、16.86%は特定の宗教がない。キリスト教以外ではイスラム教(0.76%)とヒンドゥー教(0.33%)が主な宗教である。

政治[編集]

ハンプシャーは17の選挙区に分かれている。10選挙区が保守党議員、4選挙区が自由民主党議員、3選挙区が労働党議員が選ばれている。労働党はサウサンプトン選挙区(テストとイッチェン)とポーツマス北選挙区などの大都市から選ばれている。保守党は殆どが農村部の選挙区(オールダーショット選挙区、ニューフォレスト西選挙区、ニューフォレスト東選挙区、ハンプシャー東北選挙区、ハンプシャー東選挙区、ハヴァント選挙区、ゴスポート選挙区、フェアハム選挙区)から選ばれている。自由民主党はウィンチェスター選挙区、ロムジー選挙区、ポーツマス南選挙区、イーストレイ選挙区から選ばれ、いずれも町の周辺に地盤がある。

2005年、ハンプシャー評議会選挙で保守党が43.69%、自由民主党が36.01%、労働党が16.08%を獲得した。従って、46議席が保守党、28議席が自由民主党、4議席が労働党に割り振られた。[10]サウサンプトン市評議会は州から完全に独立しているが、18議席が自由民主党、15議席が労働党、15議席が保守党に割り振られている。[11]ポーツマス市評議会は同様に独立しているが、20議席が自由民主党、18議席が保守党、7議席が労働党、1議席が無所属となっている。[12]

市町村[編集]

ハンプシャーの州都は嘗て古代ウェセックス王国の都だったウィンチェスターである。サウサンプトンとポーツマスの港湾都市は、1977年に独立した独自の行政機構として分かれたが、依然形式上はハンプシャーに含まれている。フェアハム、ゴスポート、ハヴァントは、この2つの大都市に挟まれた海岸に沿って延びる広域都市圏にあって発展してきた。サウサンプトン大学とサウサンプトンソレント大学(旧サウスハンプトン専門学校)のあるサウサンプトン、ポーツマス大学のポーツマス、ウィンチェスター大学(旧ウィンチェスター大学学寮部(アルフレッド王大学))のウィンチェスターの3市は全て大学都市である。

ハンプシャーはロンドン周辺の開発制限区域の外側にあるが、首都と結ぶ鉄道と自動車道に恵まれ、南東部は共通して1960年代から宅地開発が進んでいる。北部のベイジングストークは州都から企業と金融の中心部が広がってきている。オーダーショット、ポーツマス、ファーンボローは、それぞれ陸軍、海軍、空軍と強い結びつきのある都市である。ハンプシャーにはアンドーヴァー、ビショップスウォルサム、リミングトン、ピータースフィールド、リングウッド、ロムゼー、ホイットチャーチという市場町もある。

人口別の都市名2004年現在)

サウサンプトン - 221,100
ポーツマス - 188,700
ハヴァント - 116,300
フェアハム - 107,977
ウィンチェスター - 35,200

文化、芸術、スポーツ[編集]

ハンプシャーは豚と猪と長い付き合いがあり、18世紀からハンプシャーっ子は「ハンプシャーの豚」として知られている。[6]

ハンプシャーは文学と関連があり、ジェーン・オースティンチャールズ・ディケンズウィルバート・オードリー、チャールズ・キングズレーなどの作家の生誕地である。父親がスティーヴントン教区牧師であったため、オースティンはハンプシャーで人生の大半を過ごし、作品は全てハンプシャーで書き上げた。

ハンプシャーはヴィジュアルアートとも関係がある。ジョン・エヴァレット・ミレーはハンプシャーっ子だという。都市と田舎は、L.S.ローリーJ. M. W. ターナーの絵画の主題になっている。

ハンプシャーはまた、探検家ローレンス・オーツ、俳優のコリン・ファースマーティン・フリーマンが生誕地である。

ハンプシャーの水は割合安全なために、多くのヨットクラブと数件の工場がソレントにあることで、ハンプシャーはイギリスで最も船の往来の多い地域となった。

クリケットはイングランド南東部で大いに発展し、1750年にハンブルドンで結成されたチームは、イングランドで初めてできたチームの一つである。ハンプシャー・クリケットチームは今日シェーン・ウォーンを主将に第一級のチームに成長している。

その他、ハンプシャーにはFAプレミアリーグサウサンプトンFCフットボールリーグ2ポーツマスFCというサッカークラブがあり、古くから激しく対立して来た。

ハンプシャーの州花は、プラントライフよるとイヌバラである[13]

交通機関[編集]

サウサンプトンとイーストレイを結ぶ鉄道駅のあるサウサンプトン空港とワイト島やヨーロッパ大陸と結ぶイギリス海峡(ラマンシュ海峡)を横断するフェリーがある。ロンドンからウェイマスまでの南西本線は、ウィンチェスターとサウサンプトンを通り、ブリストルからポーツマスまでのウェセックス本線も、ハンプシャーを通っている。M3自動車道はロンドンと結んでいる。ウィンチェスター近郊を走るトワイフォード草丘の建設は、古代に人々の往来があった場所(ドンガス道)と考古学上の著しい特徴がある場所を通ることから論争を呼び起こしている。M27自動車道は主な広域都市圏に向かうバイパス道と南部の海岸の村落を結ぶ道路になっている。他に重要な道路としてA3、A31、A36がある。

ハンプシャーの自動車所有率は高く、イングランドとウェールズが自家用車のない割合が26.8%なのに対して15.7%となっている。電車(通勤では4.1%に対して3.2%)とバス(7.4%に対して3.2%)を利用する平均率は低いが、自転車(2.7%に対して3.5%)と自動車(55.3%に対して63.5%)は高くなっている。[14]

関連項目[編集]

en:List of places in Hampshire(ハンプシャーの名所一覧)
List of Parliamentary constituencies in Hampshire
List of images of Hampshire
Business in Hampshire

脚注[編集]

参考文献[編集]

Draper, Jo. 1990. Hampshire. Wimborne: Dovecote Press.
Pigot & Co's Atlas of the Counties of England1840年) London: J Pigot & Co.

外部リンク[編集]

ハンプシャー評議会
BBCハンプシャー局
ハンプシャー写真集
Hantsphere local history
West, Ian, 2005. 「ウェセックス沿岸とイングランド南部の地理」(サウスハンプトン大学)
ハンプシャーのニュースと情報

出典:Wikipedia
2020/02/20 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant