ハンス・ホルバイン (父)
▼人気記事ランキング
概要
ハンス・ホルバイン (父)(Hans Holbein der ?ltere, 1460年 - 1524年)はドイツ出身の画家である。バイエルン州アウクスブルクで生まれた。彼と彼の兄弟ジギスムントはゴシック・スタイルの宗教画を得意とした。彼はドイツ絵画をルネサンス・スタイルに変換したリーダー的存在であった。

ホルバインはまた、木版画家、挿絵画家でもあった。彼の作品としてデジデリウス・エラスムスの「痴愚神礼讃」の挿絵がよく知られている。

同名の息子ハンス・ホルバイン (子)も、もう一人の息子アンブロシウスも著名な画家である。

作品[編集]

出典:Wikipedia
2019/12/20 07:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant