サービス終了のお知らせ
ハンス・クリスティアン・エルステッド
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ハンス・クリスティアン・エルステッド(Hans Christian ?rsted:1777年8月14日 - 1851年3月9日)はデンマーク物理学者化学者である。電流磁場を形成することを発見し、電磁気学の基礎を築いた。カント哲学の信奉者であり、19世紀後半の科学の方向性を決定付けた1人である[1]
1824年、Selskabet for Naturl?rens Udbredelse (SNU) すなわち自然科学普及協会を創設。Danish Meteorological Institute やデンマーク特許庁などの組織の前身となった団体の創設にも関わった。また、思考実験という観念を明確に述べた最初の近代人でもある。
いわゆるデンマーク黄金時代のリーダーの1人とされ、ハンス・クリスチャン・アンデルセンとは親友だった。弟のアナス・エルステッド(Anders Sand?e ?rsted)は政治家となり、1853年から1854年までデンマーク首相を務めた。
彼の名は、磁場CGS単位エルステッド (Oe) として残っている。
目次
1.前半生
2.電磁気
3.その後
4.後世への影響
5.著作
6.脚注・出典
7.参考文献
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/05 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant