サービス終了のお知らせ
ノッチ (お笑い芸人)
▼人気記事ランキング
2.オバマのモノマネ
2008年アメリカ合衆国大統領選挙期間中に、候補者の一人(2009年1月20日から第44代大統領バラク・オバマに似ているとして話題になり、オバマになりきって登場するパフォーマンスで、テレビ出演が急増し再ブレイクを果たした。その時のギャグは「Yes,we can」で、妻の発案である。オバマのマネをするきっかけは、ノッチが自宅で横になって寝ていた際、偶然妻がオバマと似ていることを発見し、携帯電話で写真を撮りブログに掲載したところ話題になりアクセス数が増え徐々に知られるようになったこと[10]である。2008年11月5日放送の『悪魔の契約にサイン』で、シカゴの日刊紙・シカゴ・トリビューンのインタビューにも答えており、「Japanese Obama」として記事に掲載された[11]。その後、セントルイスで開かれた集会に出席し、通りかかるオバマに対し「僕はオバマだ」と言った際に「君はオバマだ」と言われ、「オバマ公認のオバマ」となった[12]

2009年9月に鳩山由紀夫が第93代内閣総理大臣に就任したことに乗じて、同年9月16日にはサンケイスポーツの企画で、鳩山の物真似芸人・鳩山来留夫と、オバマに扮したノッチとの「日米首脳会談」を行った。その後、鳩山の総理大臣在任中は、来留夫とのセッティングが組まれることが多くなった。また、同年11月にソニー・デジタルエンタテイメントのケータイコミック「超人大統領オバマン」に出演している[13]

[4]前ページ
(1.略歴・人物)
[6]次ページ
(3.その他のモノマネレパートリー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/28 22:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant