ネパール語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ネパール語(ネパールご、: Nepali)は、ネパールブータンインドシッキム州ミャンマーの一部で話されるインド語派言語である。ネパール及びインドのシッキム州の公用語である。ネパール人口の約半数が母語とし、その他のネパール人は第二言語とするものが多い。またインドでも憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。
ネパール語は東部ネパールからインドのウッタラーンチャル州及びヒマーチャル・プラデーシュ州までの、ヒマラヤ山地の低層地にて話されているパハール語群の最東部の言語である。また特にネワール語(ネパール・バサ語)などのチベット・ビルマ語派のいくつかの言語との共通の単語も多く、チベット・ビルマ諸語の影響も受けている。
ネパール語はヒンディー語ウルドゥー語とも近いが、保守的でありペルシャ語英語からの借用語は比較的少なく、サンスクリット起源の単語が多い。
目次
1.言語名別称
2.方言
3.文字
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/03/28 17:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant