ネネツ語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ネネツ語ユラク語とも呼ばれた)は、ロシア北部のネネツ人が話す言語である。「森林ネネツ語」と「ツンドラネネツ語」に分けられる。この2つはよく、同じ言語の方言として扱われるが、それらは全く違う言語で、相互理解可能性も大変低い。その二つのうち話者人口が多いのはツンドラネネツ語で、約3万人から4万人[1][2]カニン半島からエニセイ川の辺りに分布している[3]。 森林ネネツ語の話者人口は1000人から1500人ほどで、アガン川、プル川、リャミン川、ナディム川の周辺に分布している[1][2]
ネネツ語は、ウラル語族に分類され、いくつかのヨーロッパの国家言語(すなわち、フィンランド語エストニア語ハンガリー語など)や他のロシアの少数言語と遠い親戚関係にある。2種のネネツ語はともにロシア語に大いに影響を受けており、またロシア語ほどではないが、コミ語ハンティ語からの影響も見られる。ツンドラ・ネネツ語は、先住民の言語で少数言語であるにもかかわらず、しっかりと記録がされており、1930年代にさかのぼる文学伝統も持っている。一方、森林ネネツ語が初めて書かれたのは1990年代で、しかもとても小規模である[2]
ちなみに、英語の「parka」は、ネネツ語から来ており、パーカは元々、彼らの伝統の、動物の毛皮等から作った長いフード付きの上着だった[4][5]
目次
1.ネネツ語共通の特徴
2.ツンドラネネツ語と森林ネネツ語の違い
3.脚注
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/01/24 20:32
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant