ネコ
てんびん座|賃貸|縁結び
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
3.身体的特徴
3.7.眼・視覚
顔の大きさの割に、かなり大きなを持っている。他の動物における幼獣の眼の大きさの比率に近く、これがネコを「可愛い」と思わせる一因にもなっている。
視覚については、特に対象の動きを捉えることを得意とする。8m位の距離ならば人間の顔を識別することが可能である。[15] 20m以内のものであれば、じっと見ることによって距離感をかなり正確に測ることができる。瞳孔は人間と異なり縦に細長くなっており、これは瞬時に瞳孔の大きさを変えることに有利という説や、野生状態で草むらのような縦長の視界で視覚を働かせるのに有利と考える説がある。瞳孔は調整の範囲が広く、明るい所では細長く、暗い所では目一杯開いて光の入る量を多くすることが可能なため、暗所での視力は良い。時計が一般的でなかった時代、猫の眼の瞳孔の広さは時間帯によって変わるため、忍者がおおよその時刻を知るのに活用したともいわれている。時間が真昼に近づけば近づくほど瞳孔の広さは狭くなり、逆に真夜中に近づくほど広くなる。これとは別に、獲物などに狙いを定めてから飛びかかるまでの間も非常に大きく開く。
他の多くの夜行性動物と同様、ネコの眼には輝板(タペタム)と呼ばれる層が網膜の下に備わっている。この層が光を反射するため、入射光と反射光の両方の光が網膜を通過することになり、わずかな光でも物を見ることができる。この反射光のため、暗所で観察者側から照明を当てたとき眼が光って見えることがある。この現象はシカなどの野生動物でも同様であり、ライトで照らして光って見えた眼の数で個体数を割り出す「ライトセンサス」にも利用されている。なお、「ネコの眼が光を増幅する原理は暗視鏡(ナイトビジョン)に活用されている」と言われることがあるが、実際の暗視装置ではマイクロチャンネルプレートで電気的に増幅している。このためフラッシュ撮影をしたりすると赤目現象が頻繁に発生し、夜でもよく見えるネコの眼は非常に敏感で、ライトなどの強烈な光に弱いので、嫌がったりストレスを与えたり、目を痛めてしまう可能性があることが指摘されており、プロカメラマンは猫の撮影の際にはフラッシュを控えるか、外付フラッシュで猫ではなく天井にむけて光らせる等の方法を薦めている[16][17][18][19][20] [21]色覚については、光の三原色のうちの全てを一応は認識できるが、赤の場合薄いピンクにしか認識出来ない。基本的にはモノトーンの視界である[14]
瞬膜が、わりと大きく、体調の悪い時等に眼球の前に出てくる事がある(チェリーアイ)。
目が開いてから授乳期後半頃までの幼猫は、やや外斜視である。
■眼の色
虹彩が大きな割合を占めており、人間でいう「白目」(球結膜)は通常見られない。ネコの眼の色、といった場合、虹彩の色を指す。眼の色は、色の濃淡などの違いがあるものの、おおむね以下の4種類に分けられる。
カッパー(銅) - cf. 色名としては、en:Copper (color)
ヘーゼル(薄茶) - cf. 色としては、榛色に近い。


青い眼は白猫シャム系のネコ(ポイントのあるネコ)に多く、白猫の場合は高い割合で聴覚障害を持っている。白猫の場合はオッドアイと言われる、左右の眼の色が違う場合も多い。この場合、青い眼の側の耳に聴覚障害を抱えることがある。一方が黄色で、もう一方が黄味のない淡銀灰色/あるいは淡青色というオッドアイは、日本では『金目銀目(きんめぎんめ)』と呼ばれ、縁起が良いものとして珍重されてきた[22]。シャム系のネコの場合、立体視力に問題がある場合があるが、品種改良の結果、このようなネコは多くない。
これらの眼の色の違いは、虹彩におけるメラニン色素の量で決まり、色素が多い順にカッパー、ヘーゼル、緑、青となる。人間など他の哺乳類の眼でも同様である。色素の量の違いは、元々生息していた地域の日光量の違いに由来すると言われる(日光量が多い地域では色素が多くなる)が、交雑の結果、現在では地域による違いはほとんどなくなっている。シャムネコの青い眼は北アジア由来と言われ、熱帯タイ原産のシャムネコであるが、先祖の眼の色に由来するという。
生まれて間もない仔猫の場合、品種に関わらず、虹彩に色素が沈着していない場合が多く、青目に見えることが多い[23]。これを「キトゥン・ブルー」(Kitten Blue、「仔猫の青」の意)という。生後7週間くらいから虹彩に色素がつき始め、徐々に本来の眼の色になっていく。
保育士|浮気|愛内里菜
がん保険|金融|おうし座
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(3.6.被毛)
[6]次ページ
(3.8.耳・聴覚)

14. 頁。不明
15. 頁。119
16. “猫の目の不思議【動物まめ知識】”. ペットクリニック・ドットコム. 株式会社JPR. 2016年7月22日閲覧。
17. “暗闇でカメラのフラッシュを向けてしまいました”. ペット相談. どうぶつ病院.JP (2012年6月11日). 2016年7月22日閲覧。
18. “【あんしん!ペットライフ】(113)犬や猫の目が光る謎”. 産経新聞 (2015年8月21日). 2016年7月23日閲覧。
19. “プロが教えるかわいい猫の撮り方レシピ/雨樹 一期”. イヌモエコモ. イヌモネコモ 運営委員会. 2016年7月23日閲覧。
20. “猫の写真をもっとかわいく!プロが教える写真の撮り方”. アイリスペットどっとコム. アイリスオーヤマ. 2016年7月23日閲覧。
21. “猫の目の仕組み・不思議:暗闇のなかでキラリと光る印象的な大きな瞳”. 参天製薬. 2016年7月23日閲覧。
22. 頁。59:『形態・特徴についての言葉』 大木卓
23. ネコの気持ちがよーくわかる本、P. 44

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/06/20 14:01
ワンピース|婚活|にきび跡
霊感|手相|相性診断
ソ人気記事ランキング
2017/08/18 更新
 1位731部隊
 2位日本航空123便墜落事故
 3位加藤紘一宅放火事件
 4位8月17日
 5位インパール作戦
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant