ネルソン・ロックフェラー
▼人気記事ランキング
1.初期の経歴
1930年ダートマス大学を卒業、その後家業に従事することとなる。特にベネズエラでの石油採掘に大きく関わった。第二次世界大戦中に、フランクリン・ルーズベルト大統領によってラテン・アメリカ担当の国務次官補に任命されたが、これはベネズエラでの経歴を買われてのことだった。続くトルーマン政権でも国際開発に関する顧問を務める。

1953年に同じ共和党員のドワイト・アイゼンハワーが大統領に就任すると、外交問題担当の顧問、政府組織に関する大統領顧問委員会の委員長、保健教育福祉次官[1]を歴任し、アイゼンハワー大統領の側近として活躍した。

1956年にロックフェラーは連邦政府の役職から退き、ニューヨーク州での政治活動に専念するようになった。

[6]次ページ
(2.ニューヨーク州知事)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/11 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant