ニック・キリオス
▼人気記事ランキング
2.選手としての特徴
身長193cmの長身から繰り出す強力なサーブが持ち味のビッグサーバー。10代で2度のグランドスラムベスト8、2016年に20歳でツアー初優勝と早くから結果を残し、将来を嘱望されている[16]

しかし気性が荒く、試合中に審判に暴言を吐く、観客にラケットを投げつけるなど粗暴な振る舞いが目立ち[17][18][13]、前述のワウリンカに対する問題発言など対戦相手とも度々トラブルを起こしている。ただし、キリオス本人はその評価について「まったく違う」として、自身をテニス界の悪童だとは思っていないと語っている[19]

オーストラリアのテニス協会とはバーナード・トミックと並び問題視されていることで、関係がこじれている。2016年には同国五輪委員会から態度を改めるよう「不当な攻撃」を受けたため、リオ五輪には出場しないと発表した[20]

2019年8月14日に行われたウェスタン&サザンオープン男子シングルス2回戦では、試合中に主審に激高して一方的にトイレ休憩を取り、コートを離れてラケット2本を壊すなど、依然としてメンタル面での不安定さを見せた[21]

[4]前ページ
(1.5.2018 - 2019年 ツアー3勝、問題行動)
[6]次ページ
(3.プレースタイル)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/02 22:33
ソ人気記事ランキング
2019/10/17 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位10月16日
 5位コピアポ鉱山落盤事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant