サービス終了のお知らせ
ニコニコ動画
▼人気記事ランキング
2.沿革
2.6.2011年
1月 - プレミアム会員数が110万人を突破[125]
1月8日 - ヤマハ株式会社の技術である「NETDUETTO β」を利用して、生放送中にセッションが出来る「ニコ生セッション♪」リリース。
2月4日 - 株式会社フューチャースコープが提供によりニコニコ動画内の遊べるクーポンサービス「ニコクーポン」を開始。
2月12・13日 - 「生主の祭典ナマケットこと『ナマケ』」を開催[126]
2月14日 - GACKT出演のニコニコ動画のテレビCMを地上波テレビ局にて放送[127]
3月27日 - ボランティア情報サイト「ニコニコボランティア」開設。
4月11日 - アンテナショップ「ニコニコ本社」グランドオープン。
4月17日 - ニコニコ動画とは独立した独自運用の英語版サービス「Niconico β」を稼働開始。
5月 - 言論チャンネル「ニコ論壇」を開設。
5月2日 - ニコニコムービー第1弾「動画探偵ぐれいと・すぺしゃる ニコニコ連続殺人事件」試写会イベントを開催。
5月8日 - 大相撲五月技量審査場所の全取組を生中継。
5月22日 - Legacy台北にて「ニコニコ大会議 2011 in 台湾」を開催。
6月2日 - 携帯電話をリモコンにしてニコニコ動画を操作できる「ニコニコリモコン」サービス開始[128]
6月19日 - 踊ってみたの祭典「ニコニコダンスマスター2」をディファ有明にて開催。
7月12日 - ネットチケット情報サイト「ニコニコチケットセンター」開設。
7月12日 - ボーカロイド専門ページ「ボカロ音楽」開設[129]
7月18日 - ライブハウス「ニコファーレ」オープン。
8月2日 - ニコニコ動画・ニコニコ生放送・ニコニコチャンネルがAndroidに正式対応。
8月11日 - 「ニコニコ春画」サービス開始。
9月12日 - スマートフォン向け音声コミュニケーションアプリ「ニコルソン」をリリース[130]
9月22日 - モバオクでニコニコ動画関連アイテムが出品される「ニコオークション」を開催
9月27日 - 初のショッピング番組「ニコニコショッピング〜秋のELECOM祭り〜」を放送[131]
10月1日 - ニコニコR18生放送(のちのニコニコアダルト生放送)サービス開始。DMM.comの提供により「DMM.ちゃんねるpresentsみんなのおもちゃ」を放映。
10月2日 - ニコニコ生放送及びニコニコチャンネルで「Fate/Zero」最新話を8ヶ国語字幕付き世界同時配信[132]
10月9日 - ニコニコ生放送でTVアニメ「未来日記」を先行配信。
10月14日 - ググッドマーケティングの提供により「ニコガジェット」を開始[133]
10月15日 - 踊ってみたの祭典「ニコニコダンスマスター3」をニコファーレにて開催。
11月8日 - 「ニコニコ静画(電子書籍)」サービスの開始。ニコニコ動画と角川書店のWEB漫画誌「角川ニコニコエース」をサービス開始[134]
11月23日 - 「ニコニコ映画上映会」をスタート。
11月26日 - ニコニコ本社に、ニコニコ動画のオリジナルプリントシール機「ニコプリ」を設置。
12月 - 光iフレーム2向けアプリケーション「ニコニコ」をリリース[135]
12月13日 - 「クリエイター奨励プログラム」の開始。コモンズツリーが「コンテンツツリー」にリニューアル。
12月17日 - PlayStation Vita用アプリ「ニコニコ」をリリース。
[4]前ページ
(2.5.2010年)
[6]次ページ
(2.7.2012年)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/16 19:04
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant