サービス終了のお知らせ
ニコニコ動画
▼人気記事ランキング
2.沿革
2.5.2010年
1月12日 - DVD映像コメント共有サービス「ニコニコDVD」開始[108]
1月19日 - ドワンゴが、ニコニコ動画専用URL短縮サービス「nico.ms」を買収[109]
1月30日 - ゲームズアリーナがゲームサービス「ニコニコ遊園地」をオープンβテスト開始。
2月6日 - 携帯電話で生放送出演者に電話ができる「ニコニコ電話」を発表。
3月5日 - 13時20分頃、プレミアム会員数が70万人を突破[110]
3月5日 - ニコニコ静画(W)がバージョンアップし、イラストコーナー「描いてみた」を開設[111]
4月5日 - 生ラジオ番組「ニコラジ」を放送開始。
4月7日 - 博報堂DYメディアパートナーズとドワンゴ、テレビ局が制作したコンテンツを放送前に動画コミュニティサイト「ニコニコ動画」で視聴かつコメントを可能とさせる映像配信サービス「ニコニコドラマ」を開発。
4月23日 - 行政刷新会議(事業仕分け第二弾)を内閣府行政刷新会議の公認のもとニコニコ生放送で生中継。
5月13日 - ニコニコ生放送で株式会社ドワンゴの決算説明会を生放送。
5月13日 - 2010年度第2四半期にニコニコ動画事業が初の黒字化を達成したことが発表された[112]
5月14日 - 21時30分頃、プレミアム会員数が80万人を突破。
5月17日 - iPhone用アプリ「ニコニコ生放送」リリース。
6月16日 - ニコニコ生放送で衆議院国会の生中継開始。
8月3日 - 9時25分頃、プレミアム会員数が90万人を突破。
8月26日 - 初の有料開催イベント「ニコニコ大会議2010夏〜笑顔のチカラ〜」 をC.C.Lemonホールで開催[113]
8月27日 - 「ニコニコで漫画を描いてみた(現・ニコニコ漫画)」を開始[114]
9月14日 - スパイク、ゲームサイト「ニコゲー」サービス開始[115]
10月13日 - 19時50分頃、プレミアム会員数が100万人を突破[116][117]
10月28日 - 角川グループとニコニコ動画の運営元である株式会社ドワンゴにて、電子書籍や各種コンテンツの配信に関して包括業務提携を実施。
10月28日 - 「ニコニコ大会議2010秋〜それはロックか?〜」をSHIBUYA-AXで開催 [118]
10月29日 - 日本時間6時「ニコニコ動画(9)」正式サービス終了[注 2]。同10時頃、「ニコニコ動画(原宿)」サービス開始。「スタンプ」機能など追加[119]
10月29日 - ニュースサイト「ニコニコニュース」サービス開始。それに伴い旧ニコニコニュースはニコニコインフォに名称変更。
11月3日 - ニコニコ生放送にて「小沢一郎ネット会見〜みなさんの質問にすべて答えます!」を放送[120]
11月10日 - 検索サービスBingの動画検索機能を利用して、ニコニコ動画の動画を検索できるInternet Explorer用ツールバー「ニコニコツールバー」をリリース[121]
11月11日 - 2010年9月期決算発表にてニコニコ動画事業が初の通期黒字化を達成したことを発表[122]
11月30日 - 株式会社ロッテとのコラボ商品「ニコニコ動菓」を全国発売
12月9日 - ゲームプラットフォーム「ニコニコアプリ」サービスの開始。
12月12日 - 踊ってみたの祭典「ニコニコダンスマスター」第1回をラフォーレミュージアム原宿にて開催[123]
12月15日〜2011年2月5日 - 「ニコニコ大会議2010-2011全国ツアー〜ありがとう100万人〜」を開催。
12月22日 - ニコニコミュージカル公演第一弾「クリスマス・キャロル」を有料配信。
12月27日 - アンテナショップ「ニコニコ本社」が原宿にプレオープン[124]
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/19 23:03
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant