サービス終了のお知らせ
ニコニコ動画
▼人気記事ランキング
2.沿革
2.4.2009年
2月6日 - 過去ランキング閲覧機能を追加。
2月12日 - 黒字化祈願!のためネット上に「ニコニコ神社」を建立[91]
2月14日 - 「ニコニコ直販」をオープンし、figmaビリー・ヘリントンの予約受付開始[92]
3月10日 - ユーザー向け広告サービス「ニコニ広告」を開始[93]
3月16日 - プレミアム会員数が30万人を突破。
4月1日 - エイプリルフールの企画として日本時間0時、「ニコニコ動画(βββ)」開始。高速プレイヤー(コメントが高速になりプレイヤーの配色が赤色になる)開始。翌2日にはいずれも元に戻った。
4月1日 - 13時半、トップページ、動画閲覧ページなどの体裁が変更。トップページから直接タグ検索をすることが可能になった。
4月10日 - デジタルメディアマートの提供により初の公式アダルトチャンネル「DMM.ちゃんねる」が開設[94]
4月21日 - 「ニコニコ動画×ELT伊藤一朗ソロプロジェクトボーカルオーディション」を実施 [95]
4月24日 - 総合携帯ゲームサイト「携帯ゲーム百選」にてダンジョン型RPG「ニコニコの塔」を配信[96]
4月27日 - ニコニコ動画モバイルが 「ニコニコ動画」iPhoneアプリを提供開始[97]
5月25日 - ニコニコ生放送で初の帯番組「とりあえず生中(仮)」を放送開始 [98]
7月8日 - 総コメント数20億件達成[99]
7月24日 - 「ニコニコ実況」第一回試験開始
7月25日 - プレミアム会員数が40万人を突破[100]
7月27日 - ニコニコチャンネル&コミュニティが「ニコニコミュニティ」をページ分割して「ニコニコチャンネル」にリニューアル。
7月30日 - 生放送番組「夏だ!祭りだ!コメントだ!ニコニコ動画12時間ぶっ通し生放送」を配信
8月4日 - 「ニコレポメール」開始
8月7日 - ニコニコアニメチャンネル発オリジナルアニメ第三弾『おんたま!』を配信。
8月27日 - 「ニコ生アラート(本家)」開始
9月19日 - 10時頃、プレミアム会員数が50万人を突破[101]
10月5日 - 公式生放送に「タイムシフト機能」を実装[102]
10月28日 - 「ニコニコ動画(9)発表会」を開催[103]
10月29日 - 5時「ニコニコ動画(ββ)」サービス終了。同9時30分「ニコニコ動画(9)」開始。「とりあえずマイリスト」「動画再生後メニュー」「ニコレポ」「ウオッチリスト」「ニコ生アラート(プレイヤー)」開始
10月29日 - 生放送番組「世界の新着動画」開始。
11月14日〜2010年2月19日「ニコニコ大会議 2009〜2010 ニコニコ動画(9)全国ツアー」を開催
11月14日 - 静止画投稿掲示板サイトニコニコ静画「」サービス開始[104][105]
11月28日 - 「ニコニコ実況」 正式サービス開始[106]
12月12日 - 日本時間14時頃、プレミアム会員数が60万人を突破[107]
12月23日 - 生放送番組「ニコ生クルーズ」開始。
[4]前ページ
(2.3.2008年)
[6]次ページ
(2.5.2010年)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/16 19:04
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant