サービス終了のお知らせ
ニーズヘッグ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ニーズヘッグ[1]古ノルド語: N??h?ggr[2][3][4]; 語釈は「怒りに燃えてうずくまる者」[2]など[9])は、北欧神話に登場するヘビ、またはドラゴンである。
スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第15章によれば、ニーズヘッグはニヴルヘイムフヴェルゲルミルの泉に多くのヘビと共に棲み、世界樹ユグドラシルの3つめの根を齧っている[10]。その傍ら、『古エッダ』の『グリームニルの言葉』第55節によれば、リスラタトスクを介して樹上の大鷲フレースヴェルグと罵り合っている[11]
さらに『古エッダ』の『巫女の予言』には、ニーズヘッグがナーストレンドで死者の血をすすることが書かれている[12]
なお、このヘビはラグナロクを生き延びるとされている。『巫女の予言』第66節には、終末の日に翼に死者を乗せて飛翔する黒きドラゴンとして登場する[13]
目次
1.脚注
├1.1.注釈
└1.2.出典
2.参考文献

1. 日本語カナ転写翻字)表記には、ニーズヘグ[11]またはニーズホッグ[12]ニードヘッグ[13]ニドヘグ[14]ニドフグ[15]ニードホッグなどがみられる。また、「Nidh?ggr」のドイツ語発音に対する表記としてニドヘッグル[16]がみられる。
2. 『エッダ 古代北欧歌謡集』24頁(「巫女の予言」脚注130)。
3. 『Dictionary of Northern Mythology』p.231.
4. 綴りには他に、英語版)ドイツ語版)された形も含め、Ni?h?ggr, Nidhogg, Nidhoggr, Nithhogg, Nidh?gg, Nidh?ggr, Nithh?ggr, N?dh?ggr, Nithhoggr, Nidhhogg, N??h?gg, Ni?hoggr, N??hoggr, N?dh?gg, Hidhaegg, Nidhhoggr などがみられる。
9. 他に、「死体を裂く者」[3]、「悪意の打撃者」[4]、「憎悪に満ちて打つ者」[5]など。一般書『Truth In Fantasy VI 虚空の神々』(1990年)では「嘲笑する虐殺者」としている[6]が、その学術的な出典は不明。
10. 『エッダ 古代北欧歌謡集』236頁。
11. 『エッダ 古代北欧歌謡集』55頁。
12. 『エッダ 古代北欧歌謡集』12頁。
13. 『エッダ 古代北欧歌謡集』15、24頁。

出典:Wikipedia
2018/02/16 20:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant