サービス終了のお知らせ
ニールス・ボーア
▼人気記事ランキング
4.後世への影響と記念
1997年に107番元素がボーアの名にちなみ「ボーリウム」と命名された。

ボーアはランタノイドの性質の類似性や3価イオンの色などからランタノイド電子軌道の構造を推定し(ボーアのランタノイド仮説)、当時未発見だった72番元素はランタノイドではなくジルコニウムに類似したものだと予言してボーア研究所のディルク・コスターとゲオルク・ド・ヘヴェシージルコンの分析を提唱。結果発見されたのがハフニウムである[1]

また、1975年には、息子のオーゲ・ニールス・ボーアノーベル物理学賞を受賞した。更に、父のクリスティアン・ボーア(Christian Bohr)は、ボーア効果で知られる生理学者である。

[4]前ページ
(3.個人的関心)
[6]次ページ
(5.エピソード)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/12 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant