ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体では、第二次世界大戦開戦前(1938年 - 1939年)において、中欧のチェコスロバキア国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)政権下のドイツナチス・ドイツ)の主導のもとに、ドイツ、ハンガリーポーランドによって領土を奪われ、さらにドイツの策動によって激化した独立運動によりスロバキアが独立し、国家としてのチェコスロバキアが解体される過程を記述する。
目次
1.背景
├1.1.チェコスロバキアとドイツの領土問題
├1.2.チェコスロバキアとハンガリーの領土問題
├1.3.チェコスロバキアとポーランドの領土問題
└1.4.対独同盟
2.経緯
├2.1.ズデーテン危機
├2.2.ミュンヘン会談
├2.3.第一次ウィーン裁定
└2.4.共和国崩壊
3.その後
4.脚注
5.参考書籍
6.関連項目
出典:Wikipedia
2018/01/25 06:00
ソ人気記事ランキング
2018/02/18 更新
 1位羽生結弦
 2位四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件
 3位2月17日
 4位快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
 5位金正男
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant