ドクター・フー
▼人気記事ランキング
4.新シリーズ(2005年 - )
4.2.日本での展開
NHK版では、シーズン1(全13話)、クリスマススペシャル2005、シーズン2(全13話)をまとめて全27話としている。 BS2
アナログ衛星第2
デジタル衛星第2 - シーズン1からシーズン2まで日本語翻訳版を2006年9月25日[5]から2007年3月20日[6]まで放送した。
教育 - 2007年8月21日[7]から2008年3月4日[8]まで放送した。
日本語版スタッフは以下の通り。

演出 - 壺井正
翻訳 - 平田勝茂
音声 - 藤樫衛
製作 - グロービジョン

LaLa TVでは、2010年3月からシーズン1、クリスマススペシャル2005、シーズン2が放送された。2011年12月にLaLa TVでシリーズ3が放送されることが同年10月22日にアナウンスされた。12月14日に2006年クリスマススペシャル『消えた花嫁』が放送され、12月17日のシリーズ3『スミスとジョーンズ』から毎週土曜日に放送された[9]。 ディズニーXDでは2009年から放送されていた。(過去にディズニーXDで放送された番組を参照) 2013年1月20日からはひかりTVでシリーズ4の日本初配信が開始され、同時にシリーズ1から3も配信された。ビデオサービスおよびモバイルサービスのどちらでも視聴可能である[10]。同年10月14日には11月21日からシリーズ4.5(シリーズ4とシリーズ5の橋渡しとなる、主に2009年にイギリスで放送されたシーズン)が配信されることが報じられ、これも同シーズンの日本初上陸となった[11]。 2012年2月18日からHuluBBCのコンテンツ・パートナーシップが開始され、シリーズ3までが配信された[12]。2014年8月4日には、ファンからの要望を受けシリーズ4とシリーズ5の間のスペシャルエピソードの配信が開始された[13]
2013年11月23日には既に配信していたシリーズ1から4に加えてシリーズ5から7の配信を開始した。11月23日にシリーズ5が全て配信され、12月6日からシリーズ6『ドクターからの招待状』を封切にシリーズ7『ドクターの名前』まで毎週1話ずつ配信された[14]。なお、Huluで『ドクターの日』と2013年クリスマススペシャル『ドクターの時』、およびスペシャルコンテンツ『ドクター・フーの世界』が配信されたのは2015年7月27日のことだった[15][16][17]
シリーズ8以降はDVD販売に先駆けてHuluでも配信されており、シリーズ8は2016年3月18日に公開された[18]。2018年3月24日に2015年クリスマススペシャル『リヴァー・ソングの夫』と2016年クリスマススペシャル『帰ってきたドクター・ミステリオ』、3月31日にシリーズ10、4月19日に2017年クリスマススペシャル『戦場と二人のドクター』が字幕・吹替それぞれで配信され、同時期にドクター・フーのスピンオフである『クラス - ねらわれたコールヒル高校 - 』が字幕・吹替でそれぞれ配信された[19]。このとき、シリーズ10配信記念としてミトンコースターといったグッズが30名に当たる抽選会が開催された[20]
シリーズ11は2019年2月8日から字幕・吹替双方で配信されている[21] Amazon.comからシリーズ3からシリーズ4.5にかけての吹き替えなしのオンデマンドDVDが発売されているほか、Amazonプライム・ビデオで字幕版が配信されている。 シリーズ9までの字幕版が配信されている。 マット・スミスが11代目ドクターを演じたシリーズ5から7はドクター・フー ニュー・ジェネレーションという邦題がつけられ、角川からDVDがリリースされた。2014年9月5日にレンタル版がリリースされた後、同年10月3日にシリーズ5が、同年12月5日からはシリーズ6が、翌年2月6日にシリーズ7のDVDが発売された。なおシリーズ7が収録されたDVD-BOX 3に『ドクターの日』と2013年クリスマススペシャル『ドクターの時』は収録されておらず、これらは同年3月6日の発売を待つこととなった[22]
続くピーター・カパルディが12代目ドクターを演じたシリーズ8からシリーズ10はドクター・フー ネクスト・ジェネレーションという邦題でリリースされた。2018年6月8日にシリーズ8、8月3日にシリーズ9、10月5日にシリーズ10のDVD-BOXがそれぞれ発売された。
シリーズ11以降はドクター・フー リボーンという邦題がつけられ、2019年6月7日に字幕・吹替つきで角川からシリーズ11のDVD-BOXが発売された[23]。 シリーズ5はAXNミステリーで2015年6月から放送が開始され[24]、同年12月にも一挙放送が行われた[25]。2016年4月4日からはニュー・ジェネレーションシーズン2としてシリーズ6が放送された[26][27]GYAO!ではシリーズ5とシリーズ6のみが字幕で配信されている[28][29]
[4]前ページ
(4.1.スタッフ)
[6]次ページ
(4.3.受賞)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/27 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant