ドイツ
▼人気記事ランキング
3.歴史
3.2.シュヴァーベン同盟の分解
帝国のイタリア政策教会大分裂で競り負け頓挫した。各領邦は近隣諸国に比べて弱体であったがバイエルン公国は強かった。1487年6月26日に皇帝フリードリヒ3世の発した勅令はシュヴァーベン同盟の結成につながった。これは長命であったが、1512年の更新でヴュルテンベルク公国ウルリヒが調印を拒んだ。ウルリヒが反ハプスブルクを志向してロイトリンゲンを攻撃しようとしたとき、同盟は総力を挙げてウルリヒを破り、1534年まで亡命させた。皇帝マクシミリアン1世のとき、「ドイツ国民の神聖ローマ帝国(Heiliges R?misches Reich Deutscher Nation」と国名を称した。彼はヴュルテンベルクとインディアスの経済力を背景に、ドイツに対して搾取的な教皇庁から自立しようとしたのである。

そうした混乱期にレオ10世による贖宥状が発売された。宗教改革ではドイツの諸侯が新旧両教に分かれて互いに争った。1528年オットー・フォン・パック(Otto von Pack)が計り、ヴュルツブルク司教領が新教諸侯に脅かされた。そこでカトリック諸侯はシュヴァーベン同盟軍を強いて派遣しようとした。ルター派であったニュルンベルクは大反対した。これ以降、同盟都市は同盟参事に重要な決定を委ねないようになった。1561年、ポーランド王国ドイツ騎士団領の大部分を占領し壊滅させた。

三十年戦争ではドイツのほとんど全土が徹底的に破壊され、なかんずくニュルンベルクは惨状を極めた。1,600万人いたドイツの人口が戦火によって600万人に減少したと言われる。ドイツはヴェストファーレン条約アルザスを失った。ストラスブールはドイツ時代に貨幣鋳造権をもっていたが、ドイツ側と交易できなくなって利益をスイスに奪われた。さてバイエルンは焦土化したニュルンベルクへ向かって北へ領土を広げた。ブランデンブルク辺境伯領マクデブルクを攻めたスウェーデンは、帝国郵便の営業圏を奪い、ハンブルクからブレーメンまでを領土に加えた。フランスは戦争でアクセスを確保した。フランシュ=コンテから南下するスペイン軍サヴォイアから駆逐、スイスを独立させ、ボヘミア・バイエルンと通じ帝国郵便のルーツであるインスブルックに対する圧力を確保し、ヴェネツィア共和国を港にオスマン帝国と交流できるようにしたのである。この点は図表の確認を推奨する。

帝国自由都市の自治権が奪われ、ドイツは領邦主権体制となった。1667年ザムエル・フォン・プーフェンドルフ (Samuel von Pufendorf) が著した書「ドイツ帝国憲法について (?ber die Verfassung des deutschen Reiches) 」において初めて、ドイツ国という呼称が確定できる。彼は世俗的自然法論により諸侯に有利な国家論を基礎付けた。

[4]前ページ
(3.1.先史時代から東フランク王国まで)
[6]次ページ
(3.3.プロイセン王国の台頭、ドイツ帝国の興亡、ヴァイマル共和政の混乱とナチス・ドイツ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/20 05:30
ソ人気記事ランキング
2018/11/20 更新
 1位日本
 2位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 3位フレディ・マーキュリー
 4位小川博
 5位奈良小1女児殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant