ドイツ民主共和国
▼人気記事ランキング
11.関連項目
ドイツ民主共和国憲法
トロイハントアンシュタルトドイツ語版(Treuhandanstalt) - 旧東ドイツ国営企業整理のため、東西統一後のドイツ政府により設立された信託公社。独自の調査で「旧西ドイツの2倍の労働者数で2分の1の労働成果しか果たしていない(つまり生産効率が旧西ドイツの25%にしか達していない)」と断言し、多数の旧東ドイツ国営企業を解体・改組し、失業を生んだ。現在も旧東ドイツ地域の失業率は、西側先進国の4〜5倍近い20%前半台である。3代目長官であったデトレフ・ローヴェダードイツ語版(Detlev Rohwedder) は旧東ドイツ側失業者の恨みを一身に背負い、東西ドイツ統一のわずか半年後である1991年4月に暗殺された。
DDRラジオ放送局
ドイツテレビジョン放送
ベルリンSバーン485型電車 - 東ドイツの地下鉄車両。
東ドイツ国鉄VT18.16型気動車(SVT(Schnellverkehrstriebwagen)) - 675系(旧称は「VT16系」、および「VT18系」)。旧東ドイツで開発され、1964年より運行が開始された特急電車。
アンペルマン - 東ドイツ生まれの信号機キャラクター。
ザントマン - 元々は古くからドイツに伝わる童謡。東ドイツのテレビ局により、未来の乗り物などが多数登場するクレイアニメ版が製作され、統一後はドイツ全体に浸透し、親しまれる。
バーデ 152 - 東ドイツが独自に開発した民間旅客機機種。
メルクスRS1000ドイツ語版 - 東ドイツのカーレーサー、ハインツ・メルクスドイツ語版が制作し、比較的高価格で販売された乗用車。共産圏では珍しいスーパーカーでもあった。
シュヴェーデンアイスベッヒャードイツ語版 - 英語名では「スウェーデンアイスパフェ」。バニラアイスをベースに、林檎味ムース、卵黄リキュール、生クリームを加えて作るアイスデザート。冷戦時代である1952年に開催されたオスロ冬季五輪大会アイスホッケー競技において、敵対国家である西ドイツ(当時)代表がスウェーデン代表に3:7で大敗したことに狂喜した当時の東ドイツ国家評議会議長「ヴァルター・ウルブリヒト」により命名されたとされる[1]
オスタルギー - 旧東ドイツ国民が社会主義時代の過去へ寄せる郷愁を意味する造語。ドイツ語で東を意味する「オスト」と「ノスタルギー」(英語でいう「ノスタルジー」)との合成。
ジークムント・イェーン - 旧国家人民軍空軍少将、東ドイツ宇宙飛行士第一号。
消滅した政権一覧
冷戦
ドイツ再統一
[4]前ページ
(10.脚注)
[6]次ページ
(12.外部リンク)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/01 20:02
ソ人気記事ランキング
2020/01/18 更新
 1位日本
 2位軽井沢スキーバス転落事故
 3位1月17日
 4位平清香
 5位ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant