ドイツ民主共和国
▼人気記事ランキング
6.文化
6.2.音楽
音楽ではドレスデン国立歌劇場管弦楽団ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団ベルリン国立歌劇場などの伝統あるオーケストラやオペラハウスが活動し、フランツ・コンヴィチュニークルト・ザンデルリングオトマール・スウィトナーヘルベルト・ケーゲルクルト・マズアペーター・シュライアーといった指揮者や演奏家が活躍していた。国際化されない、比較的伝統的なドイツ風のサウンドが保存され、オーストリア人のスウィトナーのほか、同じくカール・ベーム、西ドイツ人のルドルフ・ケンペらもしばしば指揮台に立った。なお、クラウス・テンシュテットは東ドイツでの活動に疑問を感じ、1971年西側亡命している。

作曲家では、ナチス党政権時代にアメリカに亡命していたハンス・アイスラーパウル・デッサウが戦後に帰国し、楽壇の中心的存在として活動した。

音楽のジャンルではロックは他の東欧各国と同様に「西側諸国の退廃の象徴」として原則禁止の政策が取られていた。しかしながら、ダンス音楽としての名目で軽音楽は認可されており、Karat、Stern Combo Mei?enElectra などのロック・バンドが活動し、国営レーベル Amiga からレコードも出版されていた。ハンガリーの Omega などのロック・バンドも東ドイツでコンサートを開催し、東ドイツでもその名は知られていた。

[4]前ページ
(6.1.文学)
[6]次ページ
(6.3.映画)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/19 18:32
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant