ドイツ民主共和国
▼人気記事ランキング
3.政治
3.6.地方制度

東ベルリン以外[編集]


当初は5つの (Land) が置かれた連邦制で、旧西ドイツの連邦参議院にあたる共和国参議院[54]de:L?nderkammer der DDR)も存在したが、1952年以降は14の (Bezirk) に再編されて参議院は廃止され、中央集権化が進められた。

1949年〜1952年までの地方行政区画[編集]
ザクセン州
ブランデンブルク州
ザクセン=アンハルト州
メクレンブルク州
テューリンゲン州
1952年〜1990年7月までの地方行政区画[編集]
ドレスデン県Bezirk Dresden, 県都はドレスデン
カール=マルクス=シュタット県Bezirk Karl-Marx-Stadt, 県都はカール=マルクス=シュタット
ライプツィヒ県Bezirk Leipzig, 県都はライプツィヒ
ゲーラ県(Bezirk Gera, 県都はゲーラ
エアフルト県Bezirk Erfurt, 県都はエアフルト
ズール県(Bezirk Suhl, 県都はズール
ハレ県(Bezirk Halle, 県都はハレ
マクデブルク県(Bezirk Magdeburg, 県都はマクデブルク
コトブス県(Bezirk Cottbus, 県都はコトブス
ポツダム県Bezirk Potsdam, 県都はポツダム
フランクフルト(オーダー)県(Bezirk Frankfurt (Oder), 県都はフランクフルト (オーダー)
ノイブランデンブルク県Bezirk Neubrandenburg, 県都はノイブランデンブルク
シュヴェリーン県Bezirk Schwerin, 県都はシュヴェリーン
ロストック県Bezirk Rostock, 県都はロストック
1990年7月〜1990年10月までの地方行政区画[編集]
統一を目前にした1990年7月23日に人民議会によって州の復活が決定し、以下の5州が復活した。この5州を新連邦州 (Neue Bundesl?nder)、新5州、東ドイツ5州という。名称は以前の州と同じだが、州界は微妙に異なる。

ザクセン州
ブランデンブルク州
ザクセン=アンハルト州
メクレンブルク=フォアポンメルン州
テューリンゲン州
この5州は、ドイツ基本法(西ドイツ・現在のドイツの憲法に相当する法)23条に基づいてドイツ連邦共和国に加入した。

東ベルリン[編集]


東ベルリンは、事実上の東ドイツ領だったが、国際法的には連合国軍4か国(イギリス、アメリカ、フランス、ソ連)占領地ベルリンのソ連管理地域で、厳密には東ドイツ領ではなかった。そのため、県も州も置かれていなかった。

ドイツ統一に伴い、4か国はベルリンの統治を終了し、ベルリンをドイツに返還した。東ベルリンはドイツ基本法23条に基づいて、西ベルリンを事実上統治していたベルリン州に編入された。

[4]前ページ
(3.5.環境政策)
[6]次ページ
(4.経済)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/01 20:02
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant