サービス終了のお知らせ
ドンムアン空港
▼人気記事ランキング
1.概要
1.4.定期便再開
スワンナプーム国際空港が、開港直後、施工不良などによりトラブルが頻発していたこともあり、スワンナプームに乗り入れている航空会社は、ドンムアン空港の再利用を当局に要請し、2007年3月25日から国内線に限り定期便が再開された[2]
これに伴い、タイ空港公社(AOT)はドンムアン空港 - スワンナプーム空港間のバスを運行しており、航空券を持っている人のみ無料で乗車できる。

タイ国際航空は、2007年に地下鉄ラート・プラオ駅にチェックインカウンターを設置し、空港までの無料バスを運行していた[3]。2009年3月29日でドンムアンから撤退した[4]

2009年、アピシット政権のタイ政府は、国内線の定期旅客便もスワンナプーム国際空港に統合する方針を決めた。しかし、ノックエアワン・トゥー・ゴー航空は引き続きドンムアン空港に留まった[5]

2011年8月1日、国内線が利用していた国内線ターミナルから、旧国際線ターミナル1に移転し、チャーター便などの国際線と同じターミナルを利用することとなった[6]

2011年10月25日、大規模な洪水のために閉鎖され[7]、就航していた航空会社はスワンナプーム空港に移転したが、2012年3月に再開港し、ノックエアがドンムアン空港に戻ってきた。[8] 同年6月にはオリエント・タイ航空も戻ってきたが現在は営業停止。

2012年、韓国のティーウェイ航空は、夏季シーズンに限り乗り入れを始めたが、空港設備の悪さや空港警備の甘さなどを問題視し、今後の運航を停止すると発表した[9]

2012年10月1日、スワンナプーム国際空港に就航していたタイ・エアアジアエアアジアインドネシア・エアアジアの3社がドンムアンに移転した。その後も格安航空会社の就航、増便が続き、2015年上半期の利用者は1,340万人となり、LCC旅客数が世界最多の空港となった[10]

2015年12月24日より旧国際線ターミナル2を整備し国内線専用ターミナルとしてソフトオープンした[11]。これに伴いタイ・エアアジア、ノックエア等の国内線チェックインカウンターも第2ターミナルへ移動した[12]

[4]前ページ
(1.3.スワンナプーム国際空港開港後)
[6]次ページ
(3.交通アクセス)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/24 15:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant