サービス終了のお知らせ
ドラゴンボール
▼人気記事ランキング
16.ゲーム
16.2.デジタルキッズカードゲーム
ドラゴンボールヒーローズ』は2010年11月11日に第一弾が稼働開始し、2年目には1億枚を突破。稼働3年目の2013年10月までに累計プレイヤー人数100万人、累計出荷枚数2億枚を突破し、関連商品を含む『ドラゴンボールヒーローズ』の売上は100億円に達し、デジタルキッズカードゲーム400億円の市場規模のうちの4分の1を占める人気を誇っている。また、バンダイナムコゲームスの内山大輔によると、28万本を出荷した3DSゲーム『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』の購入者年齢層を公開し、全体のうち小学生が59.5%を占めていると語られた[387]。稼働4年目には累計出荷枚数3億枚、累計利用者数120万人を超え[388]、2015年10月11日に行われた5周年記念LIVE放送で累計出荷枚数4億枚、累計プレイヤー人数160万人を突破した[389]。稼働6周年である2016年10月21日には累計出荷枚数5億枚、累計プレイヤー人数196万人を突破した。

2016年11月17日に『スーパードラゴンボールヒーローズ』の第一弾が稼働開始した。2017年4月から全国11会場で『ドラゴンボールヒーローズ』の大会「スペシャルツアー2017」には全国から4万人以上が参加した。稼働7周年目の2017年10月22日に行われた『ドラゴンボールヒーローズシリーズ7周年記念イベント』で累計出荷枚数6億枚、累計利用者250万人を突破し、デジタルキッズカードゲーム市場で現在もNo.1を維持しており、老若男女問わず、今もなお新たなファンを生み出し続けている[390]

2018年3月8日から新シリーズ『スーパードラゴンボールヒーローズ ユニバースミッション』の第1弾が稼働開始した。稼働8周年目の2018年10月28日に累計出荷枚数7億枚を突破した[88]。2019年4月4日には、Nintendo Switch用家庭用ゲームソフト『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』が発売され、2019年4月1日 - 2019年4月7日のゲームソフト売上ランキングで1位を獲得した[391]メルカリが発表した「メルカリトレンドワード2019上半期」で『スーパードラゴンボールヒーローズ』が1位に選ばれた[392]

[4]前ページ
(16.1.コンピュータゲーム)
[6]次ページ
(16.3.スマートフォンゲーム)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/13 00:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant