サービス終了のお知らせ
ドラゴンボール
▼人気記事ランキング
14.メディア
14.3.その他
本作をビジネス論やスポーツに例えたり[350][351]、本作関連のものが一般名詞として使われたこともある。
日経エンタテインメント!
2013年5月号の表紙を孫悟空が飾り、「ドラゴンボール“復活”の全貌」のタイトルで本作の特集が組まれた。
産経新聞
劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の公開を記念して、新しいデザインの胴着を着用した孫悟空が2015年3月30日発売の産経新聞朝刊(東京版)をジャックした。紙面ジャックは、本作を応援する企業のうち4社が賛同して実現。それぞれ「かめはめ波」「気を溜める」「おっす!」「突進」などポージングが異なる、描き下ろしの悟空が4面に登場している[352]
サンケイスポーツ
2015年4月18日に劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の公開に合わせ、タブロイド新聞「ドラゴンボールZ新聞」を発売した。映画の最新情報や主題歌担当・ももいろクローバーZ、野沢雅子と中尾隆聖のインタビューや描き下ろしイラストなどが掲載されている[353]
タニタ
2015年7月1日にタニタは、家庭用体組成計の新商品3機種を7月1日に発売するのに伴い、『ドラゴンボール』から孫悟空を起用した新聞広告を同日付の読売新聞朝刊に出稿した[354]
東映アニメーション
2017年4月1日、東映はエイプリルフールに合わせ、『ドラゴンボール超』の公式サイトを「社会サバイバル編」仕様に変更した。同作のキャラクターたちが「DB商事」の新入社員に扮装している[355]
2018年4月1日に東映はエイプリルフールの企画として、『ドラゴンボール超』と『HUGっと!プリキュア』がコラボした劇場版アニメ「映画ドラゴンボール超×映画プリキュアスーパースターズ THE MOVIE 孫悟空VSキュアエール」を製作し、2019年4月1日に公開することを発表した。エイプリルフールのウソ企画ではあるが、東映はコラボについて「まさに前代未聞の“スーパー”対決! 日本のみならず全世界、全世代の人々に楽しんでもらえる文字通り“スーパー”な企画です。大人気の『ドラゴンボール』と『プリキュア』だからこそ子供から大人まで楽しんでもらえる超大作になること間違いなし!」とコメントを寄せている[356]
スポーツニッポン
2018年12月12日にスポニチは、劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー』の公開に合わせ、映画の見どころなどを紹介する「ドラゴンボール超新聞」を発売した[357]
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/21 11:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant