サービス終了のお知らせ
ドラゴンボール
▼人気記事ランキング
14.メディア
14.2.CM
ロート製薬・「ロート子どもソフト」
目薬のCMに『ドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』が登場。(1986年 - 1997年)
サンヨー食品
「サッポロボーイ おもしろめん」(1986年頃)
バンダイ
「ドラゴンボール ドンジャラ」(1980年代後半)
「ドンジャラ パーフェクト20」(1993年)
「ドラゴンボール きゃらかーんシリーズ」(1990年代前半)
プレイディア」/出演安達祐実(1994年 - 1995年)
カードダスステーション システムファイル」(1995年)
「グミカシリーズ ドラゴンボールグミ」(2003年)
エスビー食品
「S&B」の5/8チップのCMに『ドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』が登場。(1988年 - 1989年頃)
三越日本橋・「三越こども博覧会」
『ドラゴンボール』、『Dr.スランプ アラレちゃん』、『キン肉マン』が登場。(1980年代後半)
ひらかたパーク・「ひらかたパーク ドラゴンボール89」
ひみつのアッコちゃん』、『ビックリマン』、『聖闘士星矢』、『ゲゲゲの鬼太郎』が登場。(1989年)
サントリー
「ドラゴンボールキャラ缶」(1990年代前半)
小泉産業
「コイズミ」の学習机に『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』が登場。(1990年代前半 - 1997年)
ショウワノート
「新学期シリーズ」に『ドラゴンボールGT』が登場。(1996年)
「わくわく新学期シリーズ」に『ドラゴンボール超』が登場。(2016年)
日糧製パン・「Nichiryo」
蒸しパンのCMに『ドラゴンボールGT』が登場。(1996年 - 1997年)
マクドナルドハッピーセット
劇場版『ドラゴンボール 最強への道』(1996年)
『ドラゴンボールZ』(2006年)
『ドラゴンボールZ』(2007年)
『ドラゴンボールZ』(2007年)
『ドラゴンボールZ』(2008年)
『ドラゴンボールZ』(2009年)
『ドラゴンボール改』(2009年)
『ドラゴンボール改』(2011年)
『ドラゴンボールヒーローズ』「ワクワクを開けよう」篇。(2015年)
『ドラゴンボール超』「ワクワクを開けよう」篇。(2016年)
『ドラゴンボール超』「怒りの変身」篇。(2017年)
バーガーキング
米バーガーキングのキャンペーンに起用され、全米で放送された『ドラゴンボールZ』のCM。(2000年代前半)
桃屋・「ごはんですよ!」
『孫ごはんですよ!登場』編。(2009年)
『シェンロン』編。(2009年)
ケンタッキー
『ドラゴンボールZ 神と神』(2013年)
高鷲スノーパーク
『ドラゴンボール改』(2014年 - 2015年)
キリンビバレッジ
『キリン メッツ オレンジ 悟空』編。(2015年)
『キリン メッツ グレープ フリーザ』編。(2015年)
日清食品カップヌードル
『ベジータスーパーヤサイ人になろう』編。(2015年)
フォード・モーター
「フォード・フォーカスSE」。(2016年)
ACN
「フリーザの驚き」篇(2016年 - )
ドラゴンボールスクラッチ
新登場篇。(2017年)
天下一運だめし「悟空」篇、「フリーザ」篇、「ベジータ」篇。(2018年)
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
3周年記念CMと2億5,000万DL達成記念CMにKinKi Kidsが出演。(2018年)
花王
『ベジータの新たなる戦い』編。(2018年)
資生堂
男性用化粧品ブランド uno。(2018年)
東芝ライフスタイル
東芝冷蔵庫「VEGETA」とのコラボ企画。「新鮮★5つ星ベジータキャンペーン」が東芝生活家電チャンネルなどで放送。(2018年)
ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ
『ブッチギリマッチ』の公式サポーターに就任した長友佑都出演のCM。「部室篇A」、「部室篇B」。(2018年)
その他、アニメ、グッズ、ゲーム、カードダスなど、数多くの『ドラゴンボール』のCMが製作されている。
[4]前ページ
(13.4.日本国外での放送)
[6]次ページ
(14.3.その他)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/13 00:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant