サービス終了のお知らせ
ドラゴンボール
▼人気記事ランキング
9.社会的評価
9.1.日本
テレビアニメは11年間平均視聴率20%以上を維持し続け[64]、主題歌『CHA-LA HEAD-CHA-LA』を収録したCD170万枚の売上をだした[65]

人気は非常に高く、『週刊少年ジャンプ』連載中の頃は「フリーザ編」で行った少年ジャンプ1000票アンケートで815票という圧倒的人気を獲得[66]。少年ジャンプ1995年3-4号では、ギネス世界記録にも登録された653万部の大記録の達成に2枚看板である『SLAM DUNK』と共に牽引役となった[67]

連載終了後も本作品が連載・放映されていた時期には生まれていない世代にも知名度が高く、2002年に再放送された『ドラゴンボールZ』は平日夕方の時間帯にもかかわらず高視聴率を獲得し、完全版コミックスゲーム、DVDなどが大ヒットするなど、子供たちの間でも大人気となっている[68]。2009年4月から始まった『ドラゴンボール改』は親世代の知名度が抜群で、小学生の間でも男子・女子ともに高い平均視聴率を記録[69]。連載終了20年が経過してなおも、小学生や子供たちにも『ドラゴンボール』の知名度は高く、2015年7月から放送の『ドラゴンボール超』でその人気はさらに高まっており[70]、『スーパードラゴンボールヒーローズ』のキャラクター投票には、全国から1万2,000票以上が集まった[71]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/21 11:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant