サービス終了のお知らせ
ドラゴンボール
▼人気記事ランキング
1.概要
世界中に散らばった七つの球をすべて集めると、どんな願いも一つだけ叶えられるという秘宝・ドラゴンボールと、主人公孫悟空(そん・ごくう)を中心に展開する「冒険」「夢」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画。

週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1984年(昭和59年)51号から1995年(平成7年)25号までの約10年半にわたって連載。各話数の通し番号は「其之○○」となっており、数字は漢数字で表される。このほかに番外編『TRUNKS THE STORY -たったひとりの戦士-』も掲載された。

1986年(昭和61年)からフジテレビ系列でテレビアニメドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』が約11年間放送され、平均視聴率20%以上を維持し[1]、全世界80ヵ国以上で放送された[2]

連載終了後もアニメ映画ゲームなどが展開しており、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』が全世界興行収入135億円を突破し[3]、各国で大ヒットするなど[4][5]、世界中で絶大な人気を誇る、日本のアニメ・漫画を代表する作品である[6][7]

1991年(平成3年)に『週刊少年ジャンプ』で行われた読者アンケートで、『ドラゴンボール』は同誌のアンケート史上最大得票となる815票を獲得し[8]、1995年3-4号(1994年12月発売)で同誌の発行部数は653万部を記録。本作の連載終了後は同誌の部数が急速に減少していくなど[9]、連載作品の中でも特に影響は大きかった。

単行本の発行部数は完全版(2000万部)を含み国内で1億6000万部以上[10][1]、全世界累計で2億5000万部以上を記録[11]

ゲームソフトは現在までにミリオンセラーを10本以上輩出し、シリーズ累計販売本数は全世界4500万本に達する[12]。『スーパードラゴンボールヒーローズ』はカード累計出荷枚数9億枚、ICカードの累計登録枚数は300万枚を突破し[13]、子供から大人まで幅広い支持を得ており、デジタルキッズカードゲーム市場でNo.1の人気タイトルである[14][15]

2019年時点で、アニメシリーズ、ビデオゲーム、漫画などを含めた総売上は230億ドル(約2兆5000億円)に達する[16]

[6]次ページ
(2.ストーリー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/13 00:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant