サービス終了のお知らせ
ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記
▼人気記事ランキング
概要
ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』(ドラえもん のびたのねじまきシティーぼうけんき)は、藤子・F・不二雄によって執筆され、『月刊コロコロコミック1996年9月号、10月号および1996年12月号から1997年2月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品、および、この作品を元に1997年3月8日に公開されたドラえもん映画作品である。大長編ドラえもんシリーズ第17作、映画シリーズ第18作。

藤子・F・不二雄は本作の執筆中に死去したためこの作品が藤子にとって遺作となった。

第15回ゴールデングロス賞優秀銀賞受賞作。劇場版同時上映は『ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!』。

作品[編集]

漫画は62頁の途中あたり(スネ夫のロケットをビッグライトで巨大化するシーン)で絶筆した[1](ペン入れではなくネーム段階)。表紙カバー、扉絵、冒頭のカラーページ(3ページ分)が藤子・F・不二雄の完成品であり、その他の部分は下書きや原案を基に藤子プロが作成している。

映画版で監督を務めた芝山努は、この映画だけは原作完成よりも前に話の大筋を全て教えられていた事や、種まく者がのび太に対し「あとは君たちに任せる」と語るシーンがある事から、まるで遺作となる事が分かっていたかのようだったと後に語っている[2]。また、執筆を引き継いだ萩原伸一(現・むぎわらしんたろう)も、連載1回目の際に藤子からスタッフへあてたメモ書きと「のび太の部屋に体温を与える徹底研究」と書かれた、のび太の部屋の小物や本棚についてのイメージが描き込まれた原稿が回された事により、「今までは細かい指示をしていなかった藤子Fが、これだけ描き込んでいたので、ちょっとおかしいなと思った」と話している[3]。また、連載1回目の時点で一色活版頁にキャラクターの顔がペン入れをしていなかったという。これとは別に「しずちゃんの部屋徹底研究」と題したメモも現存しており、それには「◎チンパンジーは絶対に必要です。」等本作の伏線につながる要素がいくつか書かれているほか、テレビシリーズ用に「机、イスはこれまでのデザインを止め新しく」「家具の本など買って女の子らしい物に決めてください」「新しいプランを決めるに当っては省エネも念頭に。つまり、良く出てくるアングルになるべくややこしい家具等をはいちしないとか…。」といったことが描かれている。2回目の連載原稿は、ペン入れをむぎわらがほぼ代理する形で、前述の指示書に気を配りながら完成させ、藤子Fもこれを高く評価したが、藤子Fはその直後に逝去し、むぎわらは「ドラえもんはもうこれで終わったんだ」と思ったという。その後、藤子Fの家族が未完成原稿をむぎわらに託したところ、それが全ページに下書きが入った3回目の原稿であった。その後、正式に引き継ぎ完成を託されたチーフアシスタントのむぎわらは、当時まだ連載を持ったことがなく、これが事実上の連載デビュー作であった。下書きがあった3回目まではペンを入れることを代理する形となったが、一切の完成原稿が遺されていなかった4回目以降は、藤子Fが意識を失う寸前まで描いていたブロックごとにまとめられた箱書きのアイデアノートを元に、藤子Fのクセ字の解読会議を設け、そのノートから「火星に生命体」(当時発見され話題となったアラン・ヒルズ84001)、「小便小僧が火を消す」などの構想を拾い上げ、さらに映画版監督となった芝山や、担当編集者など、少しでも先の展開を聞いていた関係者と打ち合わせを重ね、ようやく完成に漕ぎ着けたと振り返っている。現在においても「こんな話だったのでしょうか」と尋ねたい気持ちがある、という[4]

なお、この作品の執筆に向けて密かに認められた藤子Fの遺筆の一つである「◎藤子プロスタッフの皆さんへ」と題された手紙には、「この機会に徹底的に僕の理想像を聞いてほしいと思うのです」「総集編、単行本化。二度の機会にできる範囲で改定して下さい」「漫画家がべてらんになると絵やアイデア創りのコツが解ってきます。この時が一番の危機なのです。ついつい楽に仕事しようとする。こうなるとあっと言うまにマンネリの坂を転げ落ちることになります。」「自戒の意味も込めて言うのですが、漫画は一作一作、初心にかえって苦しんだり悩んだりしながら書くものです。お互いガンバリましょう。」といったことが書かれ、最後は「『藤子プロ作品は、藤子本人が書かなくなってからグッと質が上った』と言われたらうれしいのですが」と纏められている[5]

前作『のび太と銀河超特急』の続きものである。武器「フワフワ銃」が継続して登場しており、作中ではドラえもんが「記念にもらった」と言っている。その他大長編では『のび太と雲の王国』とリンクしている場面もある。また(大長編のお約束へのツッコミであるかのように)のび太のママたちが「勉強すると言って集合したけど、本当は危険な冒険に出かけたんじゃ…」と心配するシーンがある。

本作クライマックスにおける、巨大な小便小僧が放尿で村火事を鎮火するアイディアは、『ガリヴァー旅行記』のリリパット国(小人国)でガリヴァーがとった行動の翻案である。

冒頭の時点でのび太が生命のねじの存在を知っておりパカポコなどに使用している。ドラえもんが映画で中核を担う道具[注 1]をのび太に説明する描写が描かれていないのは本作のみである。

作中ドラえもんが一時的に故障する場面があるが(大長編4年ぶり)、一瞬気絶した程度であり、過去作ほど危機的な状況ではない。

前作を最後に武田鉄矢が降板したため、本作の映画主題歌は矢沢永吉が手がけた。武田が主題歌にかかわらなかったのは、1984年の『のび太の魔界大冒険』以来13年ぶりとなり、以降も映画ドラえもんの主題歌は、他のアニメ映画と同様にタイアップ要素が濃くなっている。また武田の勇退と同時に、本作をもって菊池俊輔が劇場映画においての音楽担当を長編作品のみ降板し、以後『帰ってきたドラえもん』などの短編作品、およびテレビシリーズのみを担当している。
なお、武田は後の2010年公開作品『のび太の人魚大海戦』にて再び挿入歌を担当する事になる。

映画も基本的なコンセプトは同じだが、登場人物や鬼五郎の設定などに違いが見られる。予告映像にて存在していた動物の村などは本編には登場しない。
また、予告映像では小便小僧が森を鎮火し「まさかこれで終わりってことは…」とのび太が言った後、結末を飾る場面で種まく者が出現する。しかし本編では大幅に変更され、結局最後はのび太が皮肉を言った小便小僧の鎮火の後、鬼五郎が改心して締めくくった。
大長編に登場する「マックドナルド」は映画には登場しない。なお映画予告編では、一部にフランス語と英語が用いられていた。

コロコロコミック創刊20周年記念作品。

あらすじ[編集]

ある日の夜、のび太は空き地でドラえもんのひみつ道具「生命のねじ(いのちのねじ)」を使い、命を得たウマのぬいぐるみ「パカポコ」と一緒に走る練習をしていた。しかし空き地は手狭であり、またのび太はジャイアンやスネ夫に「牧場を持っている」と嘘をついてしまったため、何とかならないかと考えていると、ドラえもんが22世紀から福引の小惑星引換券を持ってくる。そこに牧場や町を作ろうと思ったのび太は早速、どこでもドアを使って小惑星を調べることに。そのことごとくが小さな岩塊ばかりの『ハズレ券』だったが、最後に残った星の番号をドアに告げると、ドアの先は大自然の広がる美しい星に繋がっていた。

のび太たちはこの星に各自が持つおもちゃを持ち込み、それらにパカポコ同様「生命のねじ」で命を吹き込んで開拓を始め、おもちゃの町「ねじ巻き都市(ねじまきシティー)」を作り上げる。しかし、不思議なことにどこからともなく「出ていけ」というささやき声が聞こえるようになり、さらには原因不明の雷雨にまで見舞われてしまう。

そんなある日、1人の脱獄囚がねじ巻き都市に忍び込む。その凶悪犯・熊虎鬼五郎は、偶然落ちていた「タマゴコピーミラー」で自らのクローンを生み出し、彼らを率いて都市の乗っ取りを目論む。ドラえもんたちはその事態に気づかないまま、高度な知性を備えた状態で生まれたおもちゃ・ピーブたちとともにより良い町づくりを進めていくが、その過程で星に隠された重要な事実に近づいていく。

舞台[編集]

のび太が小惑星福引券の当選番号を読み間違えたことで見つけた、火星木星の間の小惑星帯にある小惑星。植物は生い茂っているが、動物が存在しない無人惑星であり正式名称はなく、英数字による番号のみが判明している[注 2]
種まく者が手を加えたことによって植物たちがある程度の意思を有しており、当初はドラえもんたちを外敵とみなして追い出そうとしたが、命を得たおもちゃたちが「自然との共生」という概念を持つようになったことで考えを改め、窮地に陥ったのび太たちを度々助けるようになる。 小惑星にドラえもんたちが作ったおもちゃの住む街。当初はのび太たちのおもちゃに「生命のねじ」で命を吹き込んでいたが、効率重視のため「タマゴコピーミラー」でおもちゃを大量に増やした。
エッグハウス
「タマゴコピーミラー」によって複製したおもちゃたちの卵を保管する施設。生命のねじとミラーもここに保管されている。
漫画版と映画版で外観のデザインは異なっており、中盤では落雷の影響でハウスの一部が焼け焦げてしまった。

声の出演[編集]

ドラえもん - 大山のぶ代
のび太 - 小原乃梨子
しずか - 野村道子
ジャイアン - たてかべ和也
スネ夫 - 肝付兼太
のび太のママ - 千々松幸子
のび太のパパ - 中庸助

ゲストキャラクター[編集]

- 佐々木望
エッグハウスに落ちた雷の影響により高い知性を得たぬいぐるみのブタ。野球帽を被っている。人語を喋ることができ、ねじ巻き都市の初代市長に選出されてからは、おもちゃと星の未来を見据えて議会で自然保護の重要性を説いている。
プピー
声 - 白川澄子
ぬいぐるみのブタでピーブの妹分。ピーブの例をもとにドラえもんがひみつ道具で起こした人工落雷で人並みの知性を得たが、人為的な処置であるためピーブよりは知能が低く、多少呂律が回らない口調で話す。原作では「〜でちゅ」のような幼い口調だが映画では普通に話す。
パカポコ
のび太が生命のねじで命を吹き込んだウマのぬいぐるみ。夜中に狭い空き地を走ることしかできなかったが、小惑星の発見によりのびのびと走る場を得る。物語終盤では逃亡した熊虎を追うため、のび太を載せて森を駆けた。
アイン・モタイン
声 - 菅原正志
ぬいぐるみのウシ。落雷の影響により、アルベルト・アインシュタイン並の知能を持った。空気清浄機やセラミックスなどを発明した。
レオナルド・ダ・ヒンチ
大長編にのみ登場。ぬいぐるみのウマ。落雷の影響により、レオナルド・ダ・ヴィンチ並の知能を持った。スネ夫はモタインともども「何か偉そうな感じ」と称し、快く思っていない。
トーマス・メエージソン
声 - 塩沢兼人
映画のみ登場。ぬいぐるみの羊。「め」の音を「めぇ〜」と強調した変わった喋り方をする(「発明」を「はつめぇ〜」と言うなど)。落雷の影響でトーマス・エジソン並の知能を持った。
ウッキー
声 - よこざわけい子
生命のねじで命を吹き込まれた、しずかのぬいぐるみのサル。いたずら好きで、エッグハウスの中心に置かれた生命のねじをのび太らの町に持ち出し幾つかの物体に生命を吹き込んでしまう。中盤ではのび太の頼みでスペアポケットを野比家から持ち出し、宇宙に放り出されたドラえもんらを救出する手助けをした。
ウッキーにより命を吹き込まれた物体たち
のび太たちの住む街にあった物たち。表情をあらわすことはないが仲間意識は強く、大長編・映画共にウッキーがピーブに叱られた際には別れを惜しんで共に泣いている。ウッキーと常に行動を共にしており、スペアポケットの回収や熊虎たちとの戦いにおいてはそれぞれ奮戦している。 公園の噴水に設置されていた像。映画では、メエージソンが空気清浄器を発明した際の式典でピーブがウッキーに自分たちを元の場所へ戻すよう指示した時に、ウッキーや他の仲間たちと共に別れを惜しみ泣き出した。鬼五郎一家が森に放った火を、ビッグライトで巨大化しての放水で鎮火する。
骨格標本
のび太らの小学校の理科室にあった標本。鬼五郎のクローンの1人を恐怖で気絶させたり、噛みついたりする。通行人の老人の挨拶に会釈で返すなど礼儀正しい。
パンダ
声 - 青木和代
映画のみ登場。駄菓子屋の前に設置されていたパンダの乗り物。乗り物と油断させて背後から殴りつけるのが得意。
ザンダースおじさん
大長編にのみ登場。カーネル・サンダース像に似た店頭ディスプレイ用の等身大サイズの人形。鬼五郎一家をチョップで打ちのめした。
「○野□三」の選挙ポスター
大長編のみ登場。描かれている政治家「○野□三」の演説文句を大声で叫ぶ。 声 - 茶風林
生命のねじで命を吹き込まれた、ジャイアンのぬいぐるみの恐竜。外見とは裏腹に臆病で内気な性格(ジャイアン曰く「俺に似て」)。ジャイアンはこのぬいぐるみを大切に思っており、「弟よ」とまで言い出す。甘党で大福が好物。漫画版と映画版では名前が異なる。
種をまく者(漫画) / 種まく者(映画)
声 - 伊倉一恵(少年の姿)、渡部猛(魔人の姿)
ねじ巻き都市が築かれた星にいた意志ある植物たちの創造主。
36億年前、地球と火星にもアミノ酸やタンパク質などの有機物質=「生物の種」を散布し、生物を誕生させた。ピーブたちに知性を与えた落雷も彼が起こしたもの。のび太から「ひょっとして、神様?」と問われた際には、「ちょっと違うけど、まあ似たようなもの」と答えている。
熊虎から金塊と勘違いされるほど常に金色に輝いているが、不定形で決まった姿はなく、鎧武者の姿をした巨人、大蛇、巨大なカブトムシ、果ては戦車など、自在に姿を変えることが可能であり、のび太に話しかけた際にはドラえもん、玉子(大長編のみ)、ギリシャ神話風の少年の姿をとった。森の奥にある湖を根城にしている。
侵入者たちに対し、嵐を起こして威嚇したり、強大な姿に変身して襲いかかるなどもしていたが、自分が作った生命体の根付いた星を荒らされないように守ろうとしていただけで、本質的には敵ではない。
地割れに落ちたのび太が植物たちに助けられたことから、のび太の精神世界でコンタクトをとって、自身の素性を明かした後、のび太やビーブたちの可能性を信じて星を託し、新たな「種」を蒔くべく別の星に旅立った。
熊虎 鬼五郎(くまとら おにごろう)
声 - 内海賢二
前科百犯の凶悪な脱獄囚。逃亡中にのび太の家に侵入し、どこでもドアを通ってねじ巻き都市の星へ迷い込んだ。ひみつ道具タマゴコピーミラー」で増殖した自分のクローンたち(声 - 広瀬正志石田弘志秋元羊介中村大樹)と共にねじ巻き都市を乗っ取り、森の木を伐り、ホテルカジノを建てようと画策する。
振る舞いは粗野だが順応性は高く、ドラえもんたちの会話を盗み聞きしたことで自分の置かれた状況を的確に理解している。なおカナヅチであり、これはクローンも同様。
映画ではクローンたちに自分を「社長」(ホクロは指摘されるまで「親分」と呼んでいた)と呼ばせ、クローンとの区別のために帽子を被っている(これもホクロ案)。漫画ではSIG P228を使用する。 声 - 松尾銀三
熊虎鬼五郎のクローンの1人だが、彼だけオリジナルにもないホクロが上唇にある。気が弱く優しい性格でいわば熊虎の「良心」。ホクロという特徴がありクローンの中では目立ったため、鬼五郎本人からハシゴの運搬や見張り、金塊(種まく者)のある湖への素潜りなど面倒な仕事を押し付けられていた。ジャイアン(映画ではドラえもん)に「熊五郎」と名前を間違えられた。
漫画では歌には自信があると言っているが、実際はジャイアンよりはマシ程度の音痴。
熊虎のクローンの中では1番優しく、襲って来た巨人(種まく者)から逃げるドラえもん達に協力する、崖に転落したのび太を心配するしずかを気遣う、宇宙ステーションごと爆破されかけたしずかの拘束を緩め脱出のチャンスを残す、ドラえもん達を見殺しにしたことに罪悪感を抱く等、悪に徹しきれない場面が多く描かれている。捕らえることに成功したオリジナルの熊虎とクローンを元の1人に統合した際に彼が熊虎の主人格として生まれ変わり、警察へ自首することを告げ、地球へ帰っていった。その後、テレビニュースなどから、実際に約束を守って自首したことが判明(原作のみ)。 なお、『コロコロコミック』に掲載された大長編の連載前の予告では、ラストの敵が「鉱石人間」とされていたが本編では登場しなかった。

スタッフ[編集]

制作総指揮 / 原作・脚本 - 藤子・F・不二雄
作画監督 - 富永貞義
美術設定 - 沼井信朗
美術監督 - 森元茂
撮影監督 - 梅田俊之
特殊撮影 - 渡辺由利夫
編集 - 岡安肇
録音監督 - 浦上靖夫
監修 - 楠部大吉郎
音楽 - 菊池俊輔
効果 - 柏原満
プロデューサー - 山田俊秀 / 木村純一梶淳
監督 - 芝山努
演出 - 善聡一郎
原作まんが協力 - 萩原伸一
脚本協力 - 熊沢淳
動画検査 - 原鐵夫
色彩設計 - 松谷早苗、稲村智子
仕上検査 - 石田奈央美、石田朋子
仕上担当 - 野中幸子
特殊効果 - 土井通明
基本設定 - 川本征平
CG演出 - 野中和実
CGスーパーバイザー - おおすみ正秋
CGプロデューサー - 山浦宗春
文芸 - 滝原弥生
制作事務 - 杉野友紀
制作進行 - 星野匡章、大金修一、馬渕吉喜、八田陽子、神村篤大、大橋永晴
制作デスク - 市川芳彦、大澤正享
制作協力 - 藤子プロASATSU
制作 - シンエイ動画小学館テレビ朝日
今作からドラえもん映画にプロデューサーとして梶淳が担当に加わっている。

主題歌[編集]

作詞 - 楠部工 / 編曲?作曲 - 菊池俊輔 / 唄 - 山野さと子コロムビアレコード)/ セリフ - 大山のぶ代ドラえもん
エンディングテーマ「Love is you」
作曲 - 矢沢永吉 / 編曲?作詞 - 高橋研 / 唄 - 矢沢永吉
本来CD化の予定はなかった[6]ものの、後に彼のベスト盤『E.Y 90's』[注 3]と、映画シリーズのベストCD『DORA THE BEST』に収録された。当時小学生だった長女・矢沢洋子がコーラスで参加している。
映画公開の翌年、テレビ東京系列『愛の貧乏脱出大作戦』の主題歌に採用された。
挿入歌 「ぼくドラえもん2112

脚注[編集]

注釈[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/28 21:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant